NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

事業拡大・新規事業創出

IoTやAIの活用、DXによる事業拡大と新規事業の創出

コロナ禍の影響で業務アプリの利用が大きく変動–Okta調査

IT&ビジネス最新ニュース第119回

コロナ禍の影響で業務アプリの利用が大きく変動–Okta調査

Okta Japanは1月29日、2020年の業務アプリの利用動向に関する年次調査「Business At Work 2021」の結果を発表した。

ガートナー、未来のアプリケーションに関する2021年の展望を発表

IT&ビジネス最新ニュース第118回

ガートナー、未来のアプリケーションに関する2021年の展望を発表

ガートナー ジャパンは、未来のアプリケーションに関する2021年の展望を発表した。これによると、「2025年までにアプリケーションの刷新を済ませている大企業は、2021年現在で刷新が必要と感じている大企業の半数に満たない」という。

DXにコラボレーションが必要な理由

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第21回

DXにコラボレーションが必要な理由

DX推進において、イノベーション創出の可能性を向上させることと、より広い顧客体験を創るために、コラボレーションは重要な要素です。

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

IT&ビジネス最新ニュース第113回

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

コロナ禍は企業のデジタル化が問われる契機となり、DXを妨げる要因に事業と人事の不整合があるという。Workdayにこの観点を聞いた。

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

DXを加速させるITシステムの運用改革第35回

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

NTTテクノクロスは、ISO/IEC 27001の運用を支援するクラウドサービスに「Box Platform」を組み込んでいます。なぜ、通常のBoxではなく、Box Platformなのでしょうか?

デジタル活用による業務効率化で5兆ドルの経済成長–アクセンチュア

IT&ビジネス最新ニュース第112回

デジタル活用による業務効率化で5兆ドルの経済成長–アクセンチュア

アクセンチュアは、新型コロナウイルスの感染拡大によってデジタル化が進み、新たな俊敏性を備えた業務オペレーションが広く普及することで、世界で5.4兆ドル相当の経済価値が生まれると発表した。

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

共創によるビジネスイノベーション第6回

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

カシオは新しいネイル文化の創造を目指し、これまで培ってきた技術を生かしたネイルプリンター事業をスタート。同社はネイルプリンターを軸にどんな共創やDXに取り組んでいるのでしょうか。

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

新型コロナウイルスの影響もある中、日本の製造業はDXをどのように進めるべきか、INDUSTRIAL-Xの代表を務める八子知礼氏と、NTT Comのエバンジェリストが対談しました。

話題の音声SNS「Clubhouse」はなぜ人々の心を掴むのか–考えられる3つの理由

IT&ビジネス最新ニュース第108回

話題の音声SNS「Clubhouse」はなぜ人々の心を掴むのか–考えられる3つの理由

「Clubhouse(クラブハウス)」が日本国内に旋風を巻き起こしている。 “音声版Twitter"とも呼ばれる同アプリが日本のアーリーアダプター達に目を付けられ、盛り上がりを見せている。なぜ、こんなにも急速に人々の心を掴むことに成功したのか、考えられる3つの理由を紹介する。

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

IT&ビジネス最新ニュース第106回

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

ガートナーは2021年の世界IT支出が約400兆円に達すると予想している。新型コロナウイルスが、急速なビジネス変革を後押しする触媒の役割を果たすためだ。

政府も推進する「データ利活用」とは?

これからの時代に求められるデータ利活用

政府も推進する「データ利活用」とは?

データ利活用は、どのような手順で進めていけばいいのでしょうか。データ利活用の基本を確認しながら、期待される効果や、データ利活用を行う際のステップを説明します。

4,000億円の空白市場を開拓!ワークマン・土屋氏の「しない経営」とは

共創によるビジネスイノベーション第5回

4,000億円の空白市場を開拓!ワークマン・土屋氏の「しない経営」とは

作業服業界の巨人、ワークマンはいかにして低価格な機能性ウェアという4,000億円の空白市場を開拓できたのか。変革の旗手となった土屋哲雄専務取締役が語ります。

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第18回

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

DXには現実世界のデジタルコピーである「デジタルツイン」をビジネスプロセスに組み込むことが不可欠です。どう実現すればよいか「IoT」「AI」「クラウド」から解説します。

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第17回

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

コロナ禍に求められる「DX」は、デジタル化による生産性向上や人手不足解消、働き方改革だけではありません。真の意味でDXに取り組むには、どうすれば良いのでしょうか?

ビジネスリーダーは、DXサービスを「完成品」と見なす感覚を捨てるべし

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第16回

ビジネスリーダーは、DXサービスを「完成品」と見なす感覚を捨てるべし

コロナ禍とは、新しくかつ世界共通的な社会課題が私たちの目の前に出現している環境だといえます。これは新しいDXサービスを創造する大きなチャンスになり得ます。