NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

働き方改革

リモートワークなどのITで実現する、多様な働き方と生産性向上

分散環境での仕事が当たり前に–「G Suite」が「Google Workspace」に変更

IT&ビジネス最新ニュース第66回

分散環境での仕事が当たり前に–「G Suite」が「Google Workspace」に変更

Googleは10月6日、生産性スイート「G Suite」を「Google Workspace」にリブランドすると発表した。リモートワーク中心の働き方に合わせて、メッセージング、ミーティング、ドキュメント、タスクなどの機能を統合する。新しい働き方のニーズを満たす一体化した体験の提供を目指す。

SMS活用で伝票をデジタル化する「POPPO」–アパレル業界の働き方を改善へ

IT&ビジネス最新ニュース第62回

SMS活用で伝票をデジタル化する「POPPO」–アパレル業界の働き方を改善へ

アパレル企業のマッシュスタイルラボは、アイエントの店舗向け伝票レスシステム「POPPO」を導入している。同システムは、伝票による取り寄せや取り置きなどの管理をアプリに置き換え、顧客にSMSで通知する。

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

「教育」をデジタルで変える第1回

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

コロナ禍で大規模なイベントが実施できない中、世田谷区の弦巻中学校では入学式のライブ配信を行いました。なぜライブ配信を行ったのか、その背景と手法をインタビューしました。

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第48回

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

従業員を信頼することをベースに社内ルールを見直せば、業務は劇的に効率化できるかもしれません。そのような働き方改革を目指す、NTT ComのSmart Workstyleについて解説します。

世界のITプロフェッショナル、コロナ禍でもスキル向上に自信–ソーラーウインズ調査

IT&ビジネス最新ニュース第58回

世界のITプロフェッショナル、コロナ禍でもスキル向上に自信–ソーラーウインズ調査

SolarWindsは、同社が実施した「IT Pro Day 2020:You Were Built for This」の調査結果を発表した。

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

共創によるビジネスイノベーション第3回

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

今でこそ、先進的な働き方で注目を浴びるサイボウズですが、以前は離職率の悪化に頭を悩ませていました。同社の働き方改善の道のり、そして現在について人事本部部長の青野氏に聞きました。

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

With/Afterコロナの時代を迎え、CXは変革の時期にきています。これまでも多くの企業のCXをサポートしてきてたNTT ComはCXの未来像をどのように考えているのでしょうか。

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

コンタクトセンターはテレワーク化しづらい業務の1つですが、NTTコム チェオ社は2002年から取り組んでいるといいます。長年の実績やノウハウがある同社に秘訣を聞きました。

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第7回

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

コロナ禍において、製造現場でもオンライン化が求められています。ニューノーマル時代に製造業はどうあるべきか?中京大・輿水名誉教授が解説します。

オペレーターが定着しない!コンタクトセンターの人材難の切り札は「感情分析」

いま求められる“顧客接点の強化”第29回

オペレーターが定着しない!コンタクトセンターの人材難の切り札は「感情分析」

コンタクトセンター業界では、オペレーターの定着率の低さが積年の課題となっています。その解決につながるのが、AIによる「感情分析」です。

シリコンバレーの「働き方」はコロナ禍でどう変わった?–現地の日本人が事例で紹介

IT&ビジネス最新ニュース第46回

シリコンバレーの「働き方」はコロナ禍でどう変わった?–現地の日本人が事例で紹介

シリコンバレー在住の日本人である筆者が、このコロナ禍で米国のテック企業の働き方にどのような変化が起きているのか、一部の事例を紹介したい。

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第5回

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

在宅勤務が普及した今、企業にとって、オフィスは不要なのでしょうか?それとも引き続き必要なのでしょうか? 今後求められるオフィスのあり方について考えていきます。

在宅勤務にもハラスメントは存在する!「リモハラ」にご注意

アンケートから読み解くビジネスの課題第8回

在宅勤務にもハラスメントは存在する!「リモハラ」にご注意

ある調査によると、在宅勤務で上司が部下と積極的にコミュニケーションを取ろうとすると、かえって部下の不満に繋がり“リモハラ”と判断されてしまう恐れがあるようです。

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

いま求められる“顧客接点の強化”第28回

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

最短10営業日で構築できる“在宅コンタクトセンター”ソリューションが存在します。そのスピードの裏には何があるのでしょうか?担当者に話を聞きました。

テレワークで「人間をモノ扱い」してしまうウェブ会議の罠にご用心

IT&ビジネス最新ニュース第39回

テレワークで「人間をモノ扱い」してしまうウェブ会議の罠にご用心

『成長企業は、なぜOKRを使うのか?』などの著者であるPiotr Feliks Grzywacz氏は「テレワークが出勤や対面に劣るなんてことはありません」と断言する。