現地在住の駐在員が、それぞれの都市について思い思い書き綴ります。
住宅は、食事は、通信関連は、季節ごとのイベントは……?
これを読めば各都市の素の姿がわかります!

バンガロール- Bangalore -

  • バンガロールでの生活のはじめ方

    インドで住宅を選ぶ際、欠陥箇所が何個かあるため、新築物件は選ばないほうがいいです。しかし築3年以上の物件だと、前住人が改悪部分を補修している場合があります。

  • バンガロールのお祭り事情

    インドの披露宴は主役の夫婦二人が遅刻してもお構いなし。主役抜きで食事パーティだけがにぎわいます。そんな主役二人は、何時間か遅れてやっと登場します。

  • バンガロールのお酒事情

    インドにはお酒を飲めない州が存在しますが、バンガロールではお酒を楽しむことができます。特に人気なのはワインで、生産も盛んなため、空港周辺にはワイン用の葡萄畑が広がっています。

  • バンガロールの住宅事情

    インドの一般的な家賃相場は日本円で12~23万円前後と、東京に比べればだいぶ高額です。日本人が安全安心に暮らせる条件で探すとこのくらいになってしまいます。

  • バンガロールのモバイル事情

    インドは世界屈指のスマートフォン大国です。ユーザ数は何と約9億人。日本の小学生や中学生にあたる若者も当たり前のようにスマートフォンを利用しています。

  • バンガロールの暮らしで気をつけたいこと

    インドでは暗黙のマナーを守らない人が多く、日本人の感覚で列に並んでいると割り込まれてしまいます。これは一人ひとりの“距離”が近いことが影響しています。

  • バンガロールのインフラ事情

    インドでは、デリーやムンバイといった都市でも、水道の蛇口をひねると茶色の水が出てくることがあります。筆者はうっかりその水を飲んでしまい大変なことになりました。

  • バンガロールのビジネスパーソンの1日

    インドのビジネスマンの1日は、車の渋滞から始まります。出勤は早め早めを心がける必要があります。出勤後は“オフィスマン”が、コーヒーやチャイを用意してくれます。

  • バンガロールのおすすめ観光プラン

    インドの観光地といえば、北部のタージマハルが有名ですが、南部にも魅力的な施設があります。特にオススメが、夜になると美しくライトアップされるマイソール宮殿です。