Bizコンパス

ビジネス理論

なぜ優良企業は新世代の技術競争に敗れ去るのか

人気のビジネス書から学ぶ第1回

なぜ優良企業は新世代の技術競争に敗れ去るのか

なぜ優良企業は、新世代の技術競争に敗れ去ってしまうのか。「イノベーターのジレンマ」の理論の裏側を、人気のビジネス書から読み解く。

目標を達成するために、一致団結する必要はない

成功するために本当に必要なものとは第2回

目標を達成するために、一致団結する必要はない

たとえビジネスパートナーが信頼できない人、好きではない人であっても、うまくコラボする方法がある。その具体的な方法の1つが、「一致団結」をやめることである。

実力がなくても「あの人は実力がある」と思わせた方が良い

ビジネスは「錯覚」で動いている

実力がなくても「あの人は実力がある」と思わせた方が良い

ビジネスで成功するためには、実力があることよりも、相手に「実力があると思い込ませる」ということが重要になる。なぜ、そのような見せかけの実力に効果があるのか?

プロジェクトが成功しても、続かなければ意味がない

デジタルビジネスのつくりかた第3回

プロジェクトが成功しても、続かなければ意味がない

企業内でのデジタルビジネス検討を、一過性でなく継続的に取り組むためには、組織の中に「仕組み」としてこの活動を組み込むことが必要になる。

「利益のみ追求」より「バランス経営」で長期的な成功を目指そう

安部徹也のMBAエッセンス講座第13回

「利益のみ追求」より「バランス経営」で長期的な成功を目指そう

安定的な業績をあげるには、「財務」一辺倒の目標から脱却し、顧客や業務プロセスなど複数の視点から目標を設定し、バランスよく達成していく必要があります。

外部と関われない企業は、新しいビジネスを創り出せない?

デジタルビジネスのつくりかた第2回

外部と関われない企業は、新しいビジネスを創り出せない?

外部の企業と一緒に「共創」を行うこともデジタルビジネス検討においては有意義である。社内だけではダメな理由、外部企業と一緒に活動することの意義について解説する。

「過剰イノベーション」が顧客や従業員を疲弊させる

海外論文に学ぶビジネスのコツ第5回

「過剰イノベーション」が顧客や従業員を疲弊させる

イノベーションは企業の成長に不可欠ですが、行き過ぎたイノベーションは社内の実務プロセスを複雑化させ、顧客満足度の低下や従業員離れの原因ともなり得ます。

新しいアイディアを生み出す「デザイン思考」とは

デジタルビジネスのつくりかた第1回

新しいアイディアを生み出す「デザイン思考」とは

デジタルビジネスを創るときの方法論として「デザイン思考」が注目されている。「デザイン思考」がなぜ新しいアイディアを生み出すのか、その理由を3つの観点から解説する。

ココさえ押さえれば分かる!決算書の読み解き方

安部徹也のMBAエッセンス講座第11回

ココさえ押さえれば分かる!決算書の読み解き方

「決算書」は、たとえていうなら“企業の通知表”。読み解くことで、その企業の問題点などが浮き彫りになります。本記事ではその読み解き方を簡単に紹介します。

最小のコストで最大の売上を残すオペレーションとは

安部徹也のMBAエッセンス講座第10回

最小のコストで最大の売上を残すオペレーションとは

ビジネスでは、オペレーションを効率化することでコストが削減できます。ただし、オペレーション全体ではなく部分だけ改良すると、むしろ逆効果になる恐れがあります。

なぜ企業は賞味期限切れの戦略を選んでしまうのか

海外論文に学ぶビジネスのコツ第4回

なぜ企業は賞味期限切れの戦略を選んでしまうのか

企業の失敗の多くが、以前は有効だった戦略に旬が過ぎた後も固執することが原因といわれています。心理学観点から賞味期限切れの戦略に惑わされる理由と対策を紹介します。

高く売りたいなら「魅力がない商品」を用意すべし

世界は「行動経済学」で動いている

高く売りたいなら「魅力がない商品」を用意すべし

人間は、ときには不合理な選択肢を選ぶことがあります。こうした行動を分析する学問が「行動経済学」です。今回は、この行動経済学を用いた価格設定の方法を紹介します。

PDCAは時代遅れ? 泥臭くてタフな「DCPA」とは

スマートに正解を出す時代は終わった

PDCAは時代遅れ? 泥臭くてタフな「DCPA」とは

スピード感が必要な今の時代には、PDCAではなくDCPAという仕事の進め方が求められるといいます。失敗することを前提にしたDCPAとは、一体どのようなものなのでしょうか。

値下げ合戦から抜け出し「一人勝ち」する方法とは

ビジネスの問題を「ゲーム」で考える後編

値下げ合戦から抜け出し「一人勝ち」する方法とは

ビジネスには、競合他社と「値下げ合戦」をしてしまう場面が訪れることがありますが、ゲーム理論を活用することで、値下げ合戦を食い止めたり、出し抜くこともできます。

何をどうやって売るか?を決める「4P」の考え方

安部徹也のMBAエッセンス講座第6回

何をどうやって売るか?を決める「4P」の考え方

マーケティング戦略では「誰に売るのか?」を決めた後、「何を、いくらで、どこで、どのようにして売るのか?」という『4P』を決めるプロセスが重要になります。