IT部門や企画部門の方にとって便利な、さまざまなテンプレート(様式)をご用意しました。
Bizコンパスに会員登録(無料)いただくと、いくつでも自由にダウンロードできます。

ジャンルから探す

調査

  • 試験項目書

    Word形式の試験項目書です。
    どのような項目の検証をどのくらい行ったかを管理できる検証一覧シート1枚と、どのような機能に対してどのようの検証を行うかを記載するシートが1枚です。
    小規模案件の際に活用できます。

  • Webヒアリングシート

    新規WEBサイト作成やリニューアルの際に、クライアントの目的や要望を細かくヒアリングしていくときに役立つシートです。
    あらかじめ確認したい必須事項をまとめています、目的や要望を明確にするためにも是非ご利用ください。

  • VRIO分析  1

    ビジネス文書 企画書 調査

    VRIO分析  1

    VRIOとは、Value(経済価値)、Rarity[Rareness](希少性)、Imitability(模倣可能性)、Organization(組織)の頭文字であり、企業の経営資源を分析するために使われるフレームワークです。

  • VRIO分析  2

    ビジネス文書 企画書 調査

    VRIO分析  2

    VRIOとは、Value(経済価値)、Rarity[Rareness](希少性)、Imitability(模倣可能性)、Organization(組織)の頭文字であり、企業の経営資源を分析するために使われるフレームワークです。

  • VRIO分析  3

    ビジネス文書 企画書 調査

    VRIO分析  3

    VRIOとは、Value(経済価値)、Rarity[Rareness](希少性)、Imitability(模倣可能性)、Organization(組織)の頭文字であり、企業の経営資源を分析するために使われるフレームワークです。

  • SWOT分析 1

    ビジネス文書 企画書 調査

    SWOT分析 1

    SWOTとは、Strength(強み), Weakness(弱み), Opportunity(機会), Threat(脅威) の頭文字を組み合わせたもので、事業評価やを戦略をねるためのフレームワーク。1960年代~70年代にスタンフォード大学で研究プロジェクトを導いた、アルバート・ハンフリーにより構築された。

  • SWOT分析 2

    ビジネス文書 企画書 調査

    SWOT分析 2

    SWOTとは、Strength(強み), Weakness(弱み), Opportunity(機会), Threat(脅威) の頭文字を組み合わせたもので、事業評価やを戦略をねるためのフレームワーク。1960年代~70年代にスタンフォード大学で研究プロジェクトを導いた、アルバート・ハンフリーにより構築された。

  • SWOT分析 3

    ビジネス文書 企画書 調査

    SWOT分析 3

    SWOTとは、Strength(強み), Weakness(弱み), Opportunity(機会), Threat(脅威) の頭文字を組み合わせたもので、事業評価やを戦略をねるためのフレームワーク。1960年代~70年代にスタンフォード大学で研究プロジェクトを導いた、アルバート・ハンフリーにより構築された。

  • 3C分析  1

    ビジネス文書 企画書 調査

    3C分析  1

    3Cとは、Customer(顧客、市場)・Competitor(競合)・Company(自社)の3つの言葉の頭文字であり、自社や事業部単位などの戦略に活かすためのフレームワーク。

フリーワードから探す