Bizコンパス

業務効率化

働き方改革に必要なのは、小さな習慣の積み重ね

今すぐできる組織の改善第82回

働き方改革に必要なのは、小さな習慣の積み重ね

「働き方改革」の実現に、特効薬はありません。「問題を一気に解決するメソッドがあるんじゃないか」という発想はやめて、小さな改善を積み重ねることを推奨したいです。

世界標準のコールセンター要員数算出モデル「アーランC式」とは

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第6回

世界標準のコールセンター要員数算出モデル「アーランC式」とは

コールセンターの要員数の算出に必要なもうひとつの要素、平均処理時間の設定と、世界標準の算出モデル「アーランC式」によるエージェント数の算出について解説します。

無意識の「スタート」に気づき、習慣をコントロールする方法

今すぐできる組織の改善第79回

無意識の「スタート」に気づき、習慣をコントロールする方法

私たちの生活は、その80%以上は無意識に繰り返しているといわれています。そのため、習慣を変えるためには、無意識の行動パターンに気づき、置き換える必要があります。

コールセンターの要員数算出に最も重要な「サービスレベル」とは?

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第5回

コールセンターの要員数算出に最も重要な「サービスレベル」とは?

予測した業務量(コール数や平均処理時間など)に見合った最適な要員数(エージェントの人数)を算出するのに最も重要な要素であるサービスレベルについて解説します。

学歴が高い人ほど間違える「思い込み」の抑え方

「先入観」は本能である

学歴が高い人ほど間違える「思い込み」の抑え方

人間は意外と、データを基に世界を正しく見ることができません。なぜなら、「先入観」があるからです。人気のビジネス書から、思い込みを防ぐ方法を読み解きます。

業務量は正確に予測できる! コールセンターの2つのデータを準備する

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第3回

業務量は正確に予測できる! コールセンターの2つのデータを準備する

コールセンターの業務量予測には、2つの基礎情報が必要になります。その2つとは、「ヒストリカルデータ」と「ビジネスドライバー」です。

続けるモチベーションを作る、3つの感情

今すぐできる組織の改善第73回

続けるモチベーションを作る、3つの感情

「続けよう!/やめよう!」という情熱は、すぐに冷めていくものです。そうならないために、モチベーションを「快感/危機感/期待感」の3つから構築する方法を紹介します。

非生産的な会議を「課題解決の最速ツール」に変える方法

日本にはゴールの決まっていない会議が多すぎる

非生産的な会議を「課題解決の最速ツール」に変える方法

書籍『グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則』より、生産性の低い会議を課題解決の最速ツールに変えるために必要な視点を紹介します。

コールセンター運営で最も重要な「ワークフォース・マネジメント」とは

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第1回

コールセンター運営で最も重要な「ワークフォース・マネジメント」とは

旧態依然としたコールセンターの運営法から脱却し、国内外の企業が実践する世界標準の運営技法を導入するにはどうすれば良いのか。業界の第一人者が解説します。

ビジネスの問題点は「財務分析」で洗い出せる

安部徹也のMBAエッセンス講座第12回

ビジネスの問題点は「財務分析」で洗い出せる

決算書に記載されているさまざまな数字を計算することで、自社の問題点が洗い出せます。今回は、そんな「財務分析」の導き方を紹介します。

「クラウドが使えなくなる日」にどう備えるか

現場から見た“危険”なクラウドの使い方第3回

「クラウドが使えなくなる日」にどう備えるか

クラウドは突然ベンダーがサービスを終了したり、ユーザー側がクラウドを乗り換えるといったケースが出てきます。今回は「クラウドが終わる時」の備え方を紹介します。

やるべきことが多すぎ…「行動負債」を解放する習慣

今すぐできる組織の改善第66回

やるべきことが多すぎ…「行動負債」を解放する習慣

仕事でもプライベートでも、やるべきこと=ToDoが溜まると、エネルギーが奪われ、悪循環に陥ります。こうした「行動負債」を解消するためには、ある方法があります。

「クラウドを入れても運用は変わらない」は本当か?

「クラウドは○○だからダメ」を検証する第1回

「クラウドを入れても運用は変わらない」は本当か?

「無理にクラウド化する必要はない。結局自社で所有するのと変わらない」と思っている人がいるかもしれません。もしそうであれば、その考えは改めた方が良いでしょう。

RPAの進化が、人間の真価を掘り起こす

働き方は「ロボット」で変える第4回

RPAの進化が、人間の真価を掘り起こす

RPAの進化形として、様々なテクノロジーを組み合わせ、最終的には意思決定までできる「次世代デジタルレイバー」が登場しつつある。一体、どのようなものだろうか。

RPA導入虎の巻:押さえておくべき5つのポイントとは

働き方は「ロボット」で変える第3回

RPA導入虎の巻:押さえておくべき5つのポイントとは

RPAの導入が進んでいくと、社内にロボットが100体、200体と増えていく。そのため、これらロボットの管理・運用ルールが存在しないと、大変なことになってしまう。