Bizコンパス

歴史

津田梅子が新五千円札に描かれる意味とは

なぜ新札に選ばれたのか? 日本を変えた三人の肖像第2回

津田梅子が新五千円札に描かれる意味とは

2024年度から新たな5千円札のデザインとして、津田塾大学の創始者である津田梅子が描かれることとなった。このことは、現代の日本に大きな意味を持つことになるかもしれない。

食肉業者から天下の大将軍へ。「何進」その波乱万丈の生涯

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第68回

食肉業者から天下の大将軍へ。「何進」その波乱万丈の生涯

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第68回の登場人物は何進(かしん)。成り上がり者として知られる彼の決断とは?

周囲を巻き込みラクして勝つ、中間管理職・板垣退助の効率的仕事術

日本を支えた“中間管理職”の苦悩第38回

周囲を巻き込みラクして勝つ、中間管理職・板垣退助の効率的仕事術

明治時代に自由民権運動の主導者として活躍した板垣退助は、戊辰戦争では土佐藩の中間管理職として戦場に立ち、連戦連勝を重ねていた。勝利の裏には何があったのだろうか。

渋沢栄一が新一万円札に描かれる意味とは

なぜ新札に選ばれたのか? 日本を変えた三人の肖像第1回

渋沢栄一が新一万円札に描かれる意味とは

渋沢栄一は500もの企業設立に携わった、日本を代表する実業家の一人であるが、一方でお金を独占することを嫌い、財閥を築かなかったことでも知られる。

地味ながら生涯現役!呉を支え続けた名脇役・韓当

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第67回

地味ながら生涯現役!呉を支え続けた名脇役・韓当

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第67回の登場人物は韓当(かんとう)。孫子三代に仕えた宿老ならではの決断とは?

城よりも庶民を優先した心優しき中間管理職・保科正之

日本を支えた“中間管理職”の苦悩第37回

城よりも庶民を優先した心優しき中間管理職・保科正之

江戸幕府2代将軍・秀忠の非嫡出子だった保科正之。兄の3代将軍・家光に見出されて会津藩主と4代将軍・家綱の後見役となり、特に非常事態への対応に手腕を発揮した。

劉備も諸葛亮も司馬懿も絶賛!主君を変えても愛された快男子・黄権

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第66回

劉備も諸葛亮も司馬懿も絶賛!主君を変えても愛された快男子・黄権

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第66回の登場人物は黄権(こうけん)。蜀の忠臣ながら二度も主君を代えざるを得なかった、その決断とは?

五代友厚はなぜ中間管理職から「大阪の父」になれたのか

日本を支えた“中間管理職”の苦悩第36回

五代友厚はなぜ中間管理職から「大阪の父」になれたのか

NHKの連続テレビ小説「あさが来た」では、ディーン・フジオカ演じる五代友厚が人気を集めた。もともとは中間管理職だった友厚は、なぜ「大阪の父」と言われるほどの実業家になれたのか。

「官渡の戦い」最大の功労者・許攸はなぜ粛清されたのか?

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第65回

「官渡の戦い」最大の功労者・許攸はなぜ粛清されたのか?

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第65回は歴史上重要な一戦「官渡の戦い」の勝敗のカギを握った男、許攸(きょゆう)の決断を取り上げます。

大化の改新に見る、“裏切り”を成功させるたった1つの方法

歴史を変えた「裏切り者」列伝第3回

大化の改新に見る、“裏切り”を成功させるたった1つの方法

6「大化の改新」は、古代の朝廷で天皇をも凌駕する権力を持った蘇我氏に、中大兄皇子が反旗を翻したことに端を発する。裏切りから始まったこの改革は、なぜ成功したのか。

嘘が大炎上! 中間管理職・小西行長の”真似してはいけない”交渉術

日本を支えた“中間管理職”の苦悩第35回

嘘が大炎上! 中間管理職・小西行長の”真似してはいけない”交渉術

豊臣秀吉の交渉人として活躍した小西行長は、一度ついてしまった嘘をきっかけに、偽りの交渉を重ねることとなる。結果的にその嘘が、自らの首を締めることになってしまった。

森長可:勇猛果敢な「鬼武蔵」が見せた“弱さ”

戦国最強列伝~勝利を導くコア・コンピタンス第3回

森長可:勇猛果敢な「鬼武蔵」が見せた“弱さ”

戦場で数々の武功を挙げ出世した森長可。「鬼武蔵」の異名を取るほどの猛将だが、実は家族だけには別の顔を見せていた。そのことが、一族の運命を変えることになる。

“度を越えた内助の功”で司馬懿を支えた賢妻・張春華

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第64回

“度を越えた内助の功”で司馬懿を支えた賢妻・張春華

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第64回は司馬懿(しばい)の妻、張春華(ちょうしゅんか)という女性の裏舞台での活躍を取り上げます。

“仕事よりも大切なもの”を選んだ中間管理職・高山右近

日本を支えた“中間管理職”の苦悩第34回

“仕事よりも大切なもの”を選んだ中間管理職・高山右近

敬虔なキリシタンだった戦国時代の中間管理職・高山右近は、時の為政者に度々棄教を迫られた。しかし彼は、棄教を受け入れず、自分の道を最後まで貫いた。

才能の使いみちを誤った呉の傑物・諸葛恪

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第63回

才能の使いみちを誤った呉の傑物・諸葛恪

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第63回は「諸葛恪」。才能溢れる人物ながら、人を思いやる心が欠けていたため大失敗をしてしまいます。