現地在住の駐在員が、それぞれの都市について思い思い書き綴ります。
住宅は、食事は、通信関連は、季節ごとのイベントは……?
これを読めば各都市の素の姿がわかります!

ジャカルタ- Jakarta -

  • ジャカルタでのお酒の楽しみ方

    インドネシアではお酒を購入する際スーパーマーケットが主で、コンビニでの販売は禁止されています。ただし年齢制限は緩く、17歳から飲酒ができます。

  • ジャカルタの駐在員になる方へのアドバイス

    雨季が終わり、乾季へと突入するジャカルタ。年中温暖ですが、乾季は特別暑い季節。『もしジャカルタに駐在することになったら』と想像しつつ、生活を観察してみましょう。

  • ジャカルタのビジネススタイル

    ジャカルタでは交通渋滞が問題となっており、ラッシュアワー時には1時間の距離が2時間近くかかるなんてことも。余裕を持って出発することをおすすめします。

  • ジャカルタのお勧め観光プラン(2泊3日)

    ジャカルタには、日本でも馴染み深い「ナシゴレン」やインドネシアの焼き鳥「サテ」など、多種多様な料理があります。本物の味を試したいなら屋台がおすすめです。

  • ジャカルタの暮らしで気をつけたいこと

    インドネシアは一部地域を除いてイスラム教が普及しています。そのためラマダーン(断食月)の期間中、レストランは休業する事が多く、注意が必要です。

  • ジャカルタのインフラ事情

    300万台以上もの自動車登録台数を誇るジャカルタでは、徒歩10分程度の距離が、車で1時間以上かかることがあります。バスも時間通りに来ないことがしばしばです。

  • ジャカルタのビジネスパーソンの1日

    インドネシアでは公共交通機関が発達していないため、車で外出します。渋滞はひどく遅れることもしばしばですが、相手もこの交通事情を知っているため、遅刻には寛容です。

  • ジャカルタのおすすめ観光プラン 

    約500の人種と広大な自然を持つインドネシアには魅力的な観光地が多数存在します。今回は、首都ジャカルタを観光する際のオススメ2泊3日プランをご紹介します。

  • ジャカルタの年末年始について

    正月といっても、ジャカルタは赤道から近いため、寒さを感じることはありません。現在は雨季のため、一日のほとんどが雨の雨正月となっています。