Bizコンパス

成功・失敗に学ぶ

矢部輝夫氏に聞く「働き方改革」の本質とは

新幹線清掃の奇跡はどのように実現したのか

矢部輝夫氏に聞く「働き方改革」の本質とは

世界から賞賛される新幹線清掃会社「TESSEI」は、どのように社員の意識を変えたのでしょうか。その仕掛け人である矢部輝夫氏に、「働き方改革」の本質を語ってもらいました。

「○○をすればうまくいく!」という本を真似しても成功できない

成功するために本当に必要なものとは

「○○をすればうまくいく!」という本を真似しても成功できない

書店には「○○をすればうまくいく!」といったようなタイトルのついた自己啓発本が多く見られる。しかし、残念ながらそうした本を参考にしても、成功には近づけないだろう。

“お前はもう死んでいる”から始める失敗しない思考法

絶対に失敗できない仕事を乗り切るには

“お前はもう死んでいる”から始める失敗しない思考法

絶対に失敗できない仕事に臨む際には、「絶対に失敗する」事態を想定し、そのような失敗が起こらないように準備する「プレモータム・シンキング」という思考法が重要です。

「アホ」と戦わず、逆に味方にする方法

頭に来ても戦ってはいけない

「アホ」と戦わず、逆に味方にする方法

人気のビジネス書「頭に来てもアホとは戦うな!」によれば、意味のない攻撃を仕掛けてくる「アホ」は、正面から戦うより、○○○した方が良いといいます。

迅速な意思決定を生む、ドイツの「指揮の文化」とは

勝利の裏にあるリーダーシップ

迅速な意思決定を生む、ドイツの「指揮の文化」とは

第二次世界大戦、ナチス・ドイツ軍は当時の軍事大国フランスに対し、圧倒的なスピードで勝利を収めた。その背景には、ドイツ伝統の「指揮の文化」があった。

ボスニア紛争を深刻化させたPR会社の“仕事”

「フェイクニュース」の時代を生き抜く第3回

ボスニア紛争を深刻化させたPR会社の“仕事”

戦争報道の裏では、しばしば国際世論を誘導する印象操作が行われる。セルビア人を一方的に悪玉に仕立てたボスニア紛争の報道を事例に「国際PR戦略」の威力と代償を紹介する。

なぜイーロン・マスクは新ビジネスを開拓できるのか

ビジネス界の偉人に学ぶ

なぜイーロン・マスクは新ビジネスを開拓できるのか

10億ドル規模の企業を4つ立ち上げ、稀代の経営者となりつつあるイーロン・マスク。彼の経歴や発言などを通して、その人物像に迫ります。

「最も醜い選挙」に学ぶ、フェイクニュースの対処法

「フェイクニュース」の時代を生き抜く第2回

「最も醜い選挙」に学ぶ、フェイクニュースの対処法

1988年の米大統領選挙は、両陣営が事実無根の中傷で相手を貶めた。「史上最も醜い選挙」とも言われているが、逆にそうした中傷からどう身を守るのか、学ぶこともある。

奇襲をするなら自分のフィールドで仕掛けるべし

「日本三大奇襲」に学ぶ、弱者が強者に勝つ方法

奇襲をするなら自分のフィールドで仕掛けるべし

奇襲を成功させるには、そのタイミングとともに「場所」も重要である。奇襲を仕掛けやすい場所に敵が来れば、成功率は格段に上がる。毛利元就の例で紹介しよう。

こんなメールをしている企業は得意先に逃げられる

意外と知らない「メール」のノウハウ第1回

こんなメールをしている企業は得意先に逃げられる

いまやビジネスに必須の「メール」ですが、行き違いが生じやすいのが難点です。一つ間違えれば、大きなトラブルを招きます。最悪の場合、取引先を失う恐れもあります。

業績好調の中、リンガーハットが新事業を始めるワケ

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第101回

業績好調の中、リンガーハットが新事業を始めるワケ

長崎ちゃんぽんの「リンガーハット」は、業績が好調な中、サラダの新事業をスタートしようとしています。新事業に挑戦する背景には、2つの考え方があるといえそうです。

「情報」ひとつで弱者は強者に勝てる

「日本三大奇襲」に学ぶ、弱者が強者に勝つ方法第1回

「情報」ひとつで弱者は強者に勝てる

弱いものが強いものに勝つことは、ビジネスにおいては至難の業である。ただ、決して不可能ではない。本連載では「日本三大奇襲」から、弱者が強者に勝つ方法を考える。

歴史に学ぶ「操作された情報」に惑わされない方法

「フェイクニュース」の時代を生き抜く第1回

歴史に学ぶ「操作された情報」に惑わされない方法

「フェイクニュース」が流行語になるなど、情報の信頼性が揺らいでいる昨今。政府の情報操作が歴史を動かした「エムス電報事件」を事例に、情報との向き合い方を考える。

ケネディ倒産に学ぶ、大手の攻撃から生き延びる戦略

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第97回

ケネディ倒産に学ぶ、大手の攻撃から生き延びる戦略

大手の攻勢で顧客を奪われて、最終的に経営破綻に追い込まれたステーキ店『ケネディ』ですが、その攻撃をかいくぐり生き残るための術は、いくつか考えられます。

いきなりステーキに敗北?ケネディの戦略ミスとは

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第96回

いきなりステーキに敗北?ケネディの戦略ミスとは

ステーキのチェーン店「ケネディ」の運営会社が、10月1日に自己破産を申請、営業停止に追い込まれました。その背景には、競合他社との激しい競争がありました。