Bizコンパス

ライフ

停滞感、閉塞感を打破するために有効な5つの習慣

今すぐできる組織の改善第83回

停滞感、閉塞感を打破するために有効な5つの習慣

生きていると、数年に一度は「停滞感」や「閉塞感」に苛まれることがあります。これらを打ち破るためには「いつも通り」のパターンを意識的に変えていく必要があります。

「令和初日オープン」新時代のラーメン御三家

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第127回

「令和初日オープン」新時代のラーメン御三家

5月1日に、注目のラーメン店「宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀」「IRUCA-Tokyo-」「麺処 はら田」の3軒がオープンした。今回はこれらの店を「ラーメン御三家」として取り上げる。

非エリートから一流へ、上原浩治を成長させた日々の努力と工夫

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第35回

非エリートから一流へ、上原浩治を成長させた日々の努力と工夫

読売巨人軍の上原浩治が引退した。彼がプロ入りするまでの道のりはエリートとは言えず、座右の銘も「雑草魂」だった。この言葉にこそ、上原の真骨頂が詰まっている。

見て楽しい、食べておいしい「冷やし麺」5軒

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第126回

見て楽しい、食べておいしい「冷やし麺」5軒

来週から“夏本番”7月がスタートするが、ラーメン店の中には、暑い夏にピッタリの「冷やし麺」を提供しているところもある。今回はそんな5軒を紹介する。

津田梅子が新五千円札に描かれる意味とは

なぜ新札に選ばれたのか? 日本を変えた三人の肖像第2回

津田梅子が新五千円札に描かれる意味とは

2024年度から新たな5千円札のデザインとして、津田塾大学の創始者である津田梅子が描かれることとなった。このことは、現代の日本に大きな意味を持つことになるかもしれない。

食肉業者から天下の大将軍へ。「何進」その波乱万丈の生涯

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第68回

食肉業者から天下の大将軍へ。「何進」その波乱万丈の生涯

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第68回の登場人物は何進(かしん)。成り上がり者として知られる彼の決断とは?

ラグビー選手会代表が絵本『らくがきボール』に込めた思い

スポーツ・フロントライン第4回

ラグビー選手会代表が絵本『らくがきボール』に込めた思い

2011年、2015年のラグビーワールドカップ日本代表メンバーであり、累計78キャップを持つ畠山健介氏に、ラグビー感や畠山氏が関わったラグビーの絵本について聞きました。

昭和の雰囲気を残す「町中華」のラーメン5軒

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第125回

昭和の雰囲気を残す「町中華」のラーメン5軒

ラーメンや炒飯や餃子を提供する、安くていろんな料理が食べられる中華料理屋を、飲食業界では「町中華」と呼ぶ。今回は昭和から存続する昔ながらの町中華を5軒紹介する。

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」を生み出したラガーマンの矜持

スポーツ・フロントライン第3回

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」を生み出したラガーマンの矜持

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」ラグビーワールドカップ2019日本大会の公式キャッチコピーを生み出した、吉谷吾郎氏にキャッチコピーに込められた思いを聞きました。

独特な店が大集合!「秋田県」の個性派ラーメン5軒

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第124回

独特な店が大集合!「秋田県」の個性派ラーメン5軒

秋田県は、人口に対するラーメン店の割合が全国4位と高く、しかも個性的な店が多い。ラーメン評論家の大崎裕史氏が、その中でも特に個性的な店を紹介する。

周囲を巻き込みラクして勝つ、中間管理職・板垣退助の効率的仕事術

日本を支えた“中間管理職”の苦悩第38回

周囲を巻き込みラクして勝つ、中間管理職・板垣退助の効率的仕事術

明治時代に自由民権運動の主導者として活躍した板垣退助は、戊辰戦争では土佐藩の中間管理職として戦場に立ち、連戦連勝を重ねていた。勝利の裏には何があったのだろうか。

渋沢栄一が新一万円札に描かれる意味とは

なぜ新札に選ばれたのか? 日本を変えた三人の肖像第1回

渋沢栄一が新一万円札に描かれる意味とは

渋沢栄一は500もの企業設立に携わった、日本を代表する実業家の一人であるが、一方でお金を独占することを嫌い、財閥を築かなかったことでも知られる。

地味ながら生涯現役!呉を支え続けた名脇役・韓当

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第67回

地味ながら生涯現役!呉を支え続けた名脇役・韓当

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第67回の登場人物は韓当(かんとう)。孫子三代に仕えた宿老ならではの決断とは?

「褒める指導」を貫いた小出義雄監督の哲学

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第34回

「褒める指導」を貫いた小出義雄監督の哲学

4月に亡くなったマラソンの名指導者・小出義雄監督は、叱咤する指導が当たり前だった時代に褒める指導を実践していた。メダリストを育てた“褒める力”とは何だったのか。

2019年にオープンしたばかり!ラーメン新店ベスト12(セカンドブランド編)

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第123回

2019年にオープンしたばかり!ラーメン新店ベスト12(セカンドブランド編)

2019年に入って4月までにオープンした店の数は176軒。今回はその中から、人気店の支店や、既存店のセカンドブランドなど、ラーメン業界を騒がせている新店を紹介しよう。