Bizコンパス

ロンドン

ロンドン

ロンドンの年末年始の思い出

ロンドンの年末年始の思い出

ロンドンのクリスマスでは、日本のお正月のように、家族の元へ帰省し過ごします。恋人とレストランに行くこともなければ、教会に集まることもありません。

ロンドンでのお酒の楽しみ方

ロンドンでのお酒の楽しみ方

イギリスのお酒の場でも割り勘は存在しますが、そのやり方は独特。全員のドリンクを誰かがまとめて「1杯目は僕が」「2杯目は私が」と交互に注文するのが一般的です。

ロンドンで盛り上がっているスポーツは何?

ロンドンで盛り上がっているスポーツは何?

物価の高いイギリスですが、ゴルフについてはお金がかかるという印象はありません。コースは日本より広く、思いっきりボールを打つことができます。

ロンドンの年末年始の過ごし方

ロンドンの年末年始の過ごし方

ロンドンでは、クリスマス当日はレストランもショッピングモールもほとんど営業していません。交通機関もタクシー以外何もやっていません。

ロンドンのビジネススタイル

ロンドンのビジネススタイル

ロンドンの駅では、毎朝無料の新聞が配布されます。読み終わった新聞はそのまま電車内に置かれ、次に座る人がまたそれを読みます。

ロンドンのお勧め観光プラン(2泊3日)

ロンドンのお勧め観光プラン(2泊3日)

ロンドンに訪れた際は、コッツウォルズ地方を目指すのはどうでしょうか。ロンドンから車で3時間ほどで、昔ながらの田園風景や村々に出会うことができます。

ロンドンのお酒事情

ロンドンのお酒事情

イギリスでは日本の居酒屋のように食べながら飲む文化はなく、基本的に食事なしで4~5時間飲み続けます。とにかくみんなお酒が強いです!!

ロンドンの住宅事情

ロンドンの住宅事情

ロンドンと日本の住宅の最も大きい違いは、大家さんとテナントの関係。ロンドンでは契約や入居後の交渉を大家さんとテナントが直接するため、大家さんとの相性が重要です。

ロンドンのモバイル事情

ロンドンのモバイル事情

イギリスではSIMカード単体での販売が一般的になっており、カードを入手してスマホに挿入すればすぐに使用できます。出張や旅行などに大変便利です。

ロンドンの暮らしで気をつけたいこと

ロンドンの暮らしで気をつけたいこと

海外には満員電車は無いと思う方もいるかもしれませんが、ロンドンは混みます。地下鉄には犬を連れての乗車が可能です。また、新聞が落ちていればみんな拾い読みをします。

ロンドンのインフラ事情

ロンドンのインフラ事情

ロンドンはバスや地下鉄が充実しており、とても便利です。SuicaのようなICカードも利用できます。ただし、故障時や緊急時の場合、業者が予定通りに来なかったりします。

ロンドンのビジネスパーソンの1日

ロンドンのビジネスパーソンの1日

ロンドンでは自転車通勤をする人が多く、会社のシャワー室で一汗流してから仕事を始める人が多いです。仕事が終わるとパブでお酒を飲む人も少なくありません。

ロンドンで人気のスポーツ事情

ロンドンで人気のスポーツ事情

ロンドンの人気スポーツはサッカーです。ワールドカップでイングランド代表が敗退した時は皆落胆していました。国内リーグも人気で、ゲームや賭博の対象となっています。

ロンドンの今どきの買い物スタイル

ロンドンの今どきの買い物スタイル

ロンドンでの買い物はクレジットカードよりもデビットカードを使うことが多いです。支払い時にはチップを払うか払わないかが、決済端末の操作で選べます。

ロンドンから見た日本/日本人

ロンドンから見た日本/日本人

ロンドンの人たちは、災害の多さから日本に「住みたくない」と思っている人が多い傾向にあります。それでも、日本にポジティブな印象を抱く人も少なくありません。

ロンドンのトレンド情報

ロンドンのトレンド情報

イギリスで絶大な人気を誇る「The X Factor」は素人歌手のオーディション番組。近頃CMでもおなじみのあの世界的グループを送り出しました。

ロンドンの観光事情

ロンドンの観光事情

定番ともいえる歴史的建造物をはじめ、おしゃれで現代的な顔を見せるイースト・ロンドン、心をリラックスさせてくれる運河の旅などをご紹介します。

ロンドンの年末年始について

ロンドンの年末年始について

イギリスでは通例12月24日は恋人と、25日は家族と過ごします。26日(Boxing Day)からバーゲンが始まり、カウントダウンのさまざまなイベントを経て、新年を迎えます。

ロンドンの医療事情

ロンドンの医療事情

病気になっても病院や薬に頼らず自然治癒で治すのがロンドン流。治らなければのど飴をなめ、それでも治らなければ市販の薬を服用し、最後の手段が病院です。

ロンドンのルール・マナー

ロンドンのルール・マナー

日々の会話の中で一番うっとりするのが「アフターユー(After you)」というフレーズです。忙しい日本のサラリーマンも、たまにはニコッと笑ってこのセリフを言ってみては?