Bizコンパス

制度・法律

導入前に押さえておきたい「HRテック」の効果と難易度

人事部門もデジタル化できる

導入前に押さえておきたい「HRテック」の効果と難易度

人事労務の日常業務の効率化してくれる「HRテック」。最初の導入の難易度は意外と高めですが、人事労務部門をはじめ、会社全体の働き方改革にも繋がる便利なツールです。

人手不足を「レグテック」で解消する方法

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第2回

人手不足を「レグテック」で解消する方法

働き方改革の影響で人手不足倒産の件数が急増している。人手不足を解消する手段として注目を集めている「レグテック」とは何か。レグテックの導入事例を紹介する。

対策しても罰金!施行から1年、GDPRの制裁ケースを学ぶ

間違いやすいビジネスの“基準”第2回

対策しても罰金!施行から1年、GDPRの制裁ケースを学ぶ

GDPR違反のグーグルに約60億円の制裁金が課された。英の航空大手ブリティッシュ・エアウェイズにも巨額の制裁金が検討されている。2つの事件から日本企業が学ぶ点は。

企業に忍び寄る「反社」のビジネスリスク

知っておきたい法改正のポイント第13回

企業に忍び寄る「反社」のビジネスリスク

2019年6月に東京都の暴力団排除条例が改正された。企業が反社会的勢力と関係を持つと、信用が失墜して大きな損失となる。ビジネスリーダーは何に気をつけるべきか。

公取委は本気!デジタルプラットフォーマーに対する規制とは

知っておきたい法改正のポイント第12回

公取委は本気!デジタルプラットフォーマーに対する規制とは

経済産業省、公正取引委員会、総務省が、デジタル・プラットフォーマーを規制する法案を審議している。なぜ今規制が必要なのか。国際情勢を交えて解説する。

クラウド上の“デザイン”も規制対象に!「意匠法」改正で変わること

知っておきたい法改正のポイント第11回

クラウド上の“デザイン”も規制対象に!「意匠法」改正で変わること

2019年3月に意匠法の改正案が閣議決定された。今回の改正は、工業デザインの保護強化を目的としており、保護範囲が大幅に拡大される。具体的に何が変わるのか。

今そこにある危機「バイトテロ」から自社を守る

ビジネスに潜む法律の落とし穴第3回

今そこにある危機「バイトテロ」から自社を守る

アルバイトによる悪ふざけ動画の投稿が相次いでいる。企業イメージが失墜し、中には倒産に追い込まれた企業もある。バイトテロのリスクを払拭する為に、企業が今すべき対策とは。

もし「あおり運転」に遭遇してしまったら

話題の事件から学ぶ第2回

もし「あおり運転」に遭遇してしまったら

あおり運転の事故のニュースが連日メディアを騒がしている。巻き込まれた場合、下手をするとこちら側に責が問われる危険性がある。「法的に」効果的な対処法を紹介する。

「会社のため」が仇となる。特別背任罪とは一体何か

話題の事件から学ぶ

「会社のため」が仇となる。特別背任罪とは一体何か

カルロス・ゴーン氏の逮捕によって話題となった「特別背任罪」は、実は企業のビジネスリーダーであれば、罪に問われてしまう可能性もある。一体どのような罪なのか。そして、今すぐできる対策は。

著作権法の大改正で、AI開発がカンタンになる?

知的財産の今後編

著作権法の大改正で、AI開発がカンタンになる?

2019年1月から改正著作権法の施行が始まり、AIの研究開発を始めとするビジネス上の著作権の利用が大幅に自由化された。法改正のポイントを、具体例を交えて解説する。

2019年は「知的財産の保護強化」の年になる?

知的財産の今前編

2019年は「知的財産の保護強化」の年になる?

2018年から、世界的に「知的財産の保護強化」の流れが生まれ始めている。EUにおける著作権法の改革やブロッキング訴訟など、世界の「規制強化」の流れを読み解く。

今さら聞けない「軽減税率」の仕組みとは

何が8%で、何が10%?

今さら聞けない「軽減税率」の仕組みとは

2019年10月から消費税が10%に上がる。増税のタイミングで「軽減税率」が開始されるが、一体どのような制度なのか。今からでも間に合う効果的対策と絡めて紹介する。

パワハラの危険を回避する「法的に正しい」社員教育とは

ビジネスに潜む法律の落とし穴第2回

パワハラの危険を回避する「法的に正しい」社員教育とは

パワハラという言葉が注目されるようになり、部下を注意できないビジネスリーダーが増えている。パワハラとして訴えられないための「法的に正しい」指導方法とは?

シャドーITの“法律の面から見た”怖さとは

ビジネスに潜む法律の落とし穴

シャドーITの“法律の面から見た”怖さとは

シャドーITでは「情報が流出する/しない」という危険よりも、法的リスクによる危険の方が、被害が大きくなる可能性があります。その危険を、実際の判例を元に紹介します。

「2018年問題」で失敗する企業、成功する企業

知っておきたい法改正のポイント第10回

「2018年問題」で失敗する企業、成功する企業

「2018年問題」によって、企業は“雇止め”のトラブルに巻き込まれる可能性があります。雇止めをせずに、円満にことを収めるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。