Bizコンパス

ビジネス

“空気”に縛られた会社を変える、3つの条件

日本企業を動かしている「空気」の正体第2回

“空気”に縛られた会社を変える、3つの条件

令和の時代を迎えた今もなお、日本企業には「思考停止」の調整文化が残っています。どうすれば変えられるのか、『なぜ会社は変われないのか』の著者である柴田昌治氏が解説します。

「効率」「成果」も大事だけど、「豊かさ」を忘れてはいけない

今すぐできる組織の改善第88回

「効率」「成果」も大事だけど、「豊かさ」を忘れてはいけない

働き方改革では「勤務時間を短くすれば良い」と捉えられがちです。しかし、それよりも重要なのは「豊かさ」です。今回は広い視点で「人生における時間術」を考えてみます。

三浦知良が52歳になった今もなお「現役」にこだわる理由

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第40回

三浦知良が52歳になった今もなお「現役」にこだわる理由

日本のサッカー界の「レジェンド」としてJリーグに君臨する三浦知良(以下カズ)。彼はなぜ52歳を過ぎた今もなお、「現役」にこだわり続けるのだろうか?

日本企業の進化の足を引っぱる「調整文化」とは?“空気”で動く組織の限界

日本企業を動かしている「空気」の正体第1回

日本企業の進化の足を引っぱる「調整文化」とは?“空気”で動く組織の限界

長期にわたって日本企業の進化を阻んでいる「日本固有の文化」の正体とは何か?それを打開する糸口は何か?『なぜ会社は変われないのか』の著者である柴田昌治氏が解説します。

仕事ができない部下ほど、私生活を聞き出す必要がある

マネージャーの極意第8回

仕事ができない部下ほど、私生活を聞き出す必要がある

部下と面接する際、当然、仕事の話をしますが、成績が悪い部下に対しては、私生活の話を聞き出すと、仕事のパフォーマンスが高まる可能性があるようです。

マーベルの映画作りに学ぶ、一貫性と革新性の両立

海外論文に学ぶビジネスのコツ第18回

マーベルの映画作りに学ぶ、一貫性と革新性の両立

アベンジャーズ、アイアンマンなどシリーズ物の続編を次々に成功させているアメリカの映画会社マーベル。その映画作りを一貫性と革新性の両立という観点から分析します。

他人のせいにばかりする人をどう変えるか?

今すぐできる組織の改善第87回

他人のせいにばかりする人をどう変えるか?

もし「自分が改善されないのは他人のせい」と考えてしまう人がいたら、環境を変えることをおすすめします。なぜなら、意識の次元に変革をもたらす必要があるからです。

女性社員が「会社を辞めたい」と言い出した。どうする?

マネージャーの極意第7回

女性社員が「会社を辞めたい」と言い出した。どうする?

女性社員は、どんなときにやる気が下がりやすいのか?万が一、退職願を突き付けられたら、マネジャーはどう対応すればいいのか?八木昌実氏が経験談を語ります。

理想のリーダー像は「即興劇」の中にある

海外論文に学ぶビジネスのコツ第17回

理想のリーダー像は「即興劇」の中にある

リーダーがチームの活発な発言や連携を引き出すには、「相手が話している時に自分が話す準備をしない」「必ず足し算で話を続ける」など、即興劇で使われている3つのテクニックが有効なようです。

落ちこぼれ社員をフォローしすぎると、組織はダメになる

マネージャーの極意第6回

落ちこぼれ社員をフォローしすぎると、組織はダメになる

組織には必ずと言っていいほど、優秀な社員と落ちこぼれ社員がいます。しかし、落ちこぼれ社員のフォローばかりに力を注ぐと、組織全体の成果が下がる危険性があります。

フィードバックが有効なのは強みを伸ばす時だけ

海外論文に学ぶビジネスのコツ第16回

フィードバックが有効なのは強みを伸ばす時だけ

脳科学の研究によると、人がフィードバックを有効に活用できるのは、自分の得意分野についてのみで、苦手分野へのフィードバックはマイナスの効果が圧倒的なようです。

原辰徳が父・貢から教わった「勝つための鉄則」

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第38回

原辰徳が父・貢から教わった「勝つための鉄則」

2019年のセ・リーグは読売巨人軍が優勝した。今期から復帰した原辰徳監督の指導の賜物といえそうだが、実は原監督は、父である原貢氏から「勝つための鉄則」を学んでいた。

SNSの「炎上」を未然に防ぐ苦情対応は可能か?

顧客接点の最前線第1回

SNSの「炎上」を未然に防ぐ苦情対応は可能か?

顧客対応のマズさが、すぐにSNSに載る時代。顧客接点の最前線を担う「コールセンター発の炎上」も起こり得ます。その危険を未然に防ぐ対策はあるのでしょうか?

サービスの裏側をさらけ出すと顧客満足度が上がる

海外論文に学ぶビジネスのコツ第15回

サービスの裏側をさらけ出すと顧客満足度が上がる

企業は常に顧客に完璧なものを提供しようと努めますが、敢えて商品やサービスの裏側にある作業や労力を見せることで、顧客満足度を上げることができるといいます。

テキストによる問い合わせが急増!コールセンターに必要な要員数の算出法とは

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第9回

テキストによる問い合わせが急増!コールセンターに必要な要員数の算出法とは

コールセンターのマルチチャネル化の進行により急増する、メールなどテキストによるコミュニケーションに必要な要員数の算出方法を解説します。