Bizコンパス

マネジメント

優秀な人材を採用したいなら、面接で「直球」の質問をすべし

マネージャーの極意第4回

優秀な人材を採用したいなら、面接で「直球」の質問をすべし

採用面接のとき、最も大事なのは「相手の人となりを見極められるかどうか」です。そのためには、冒頭で「志望理由は?」を聞くことは、最もやってはいけないことの1つです。

「わかる」と「できる」の差を埋める、5つの習慣

今すぐできる組織の改善第81回

「わかる」と「できる」の差を埋める、5つの習慣

研修を受けた際、頭では理解したものの、行動にうまく移せないという人も多いでしょう。今回は研修を実行に移すための方法を、5つの習慣に分けて解説したいと思います。

成果を出したいなら、「自分流のこだわり」は捨てなさい

マネージャーの極意第2回

成果を出したいなら、「自分流のこだわり」は捨てなさい

上司はとかく自分の成功体験を部下に押し付けがちです。しかし、“伝説の営業マン”八木昌実氏は、「自分流にこだわるのは時間の無駄」と断言します。

サイバー攻撃を迎え撃つために、最も効果的な演習とは

サイバー攻撃に企業はどう準備すべきか第3回

サイバー攻撃を迎え撃つために、最も効果的な演習とは

サイバー攻撃で被害が発生した時は、組織的な動きが求められる。たとえばDDoS攻撃によって自社サイトにアクセスできないという苦情が殺到した場合、どう対応すべきなのか。

「自分がやった方が早い」では、残業はなくならない

今すぐできる組織の改善第77回

「自分がやった方が早い」では、残業はなくならない

「自分でやった方が早い」と仕事を抱える人がいますが、仕事の総量を減らさなければ、残業は減りませんし、より価値の高い仕事に集中できません。対策を紹介します。

企業のデジタル化をドライブするための組織マネジメントとは

答えのない時代、CIOがすべきこととは?第3回

企業のデジタル化をドライブするための組織マネジメントとは

企業がデジタル化を推進するためには、組織・企業文化・従業員など、事業運営を支える各組織マネジメントを変革することが求められます。今回はその方法を紹介します。

世界の先進コールセンターが実践する業務量予測法とは

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第4回

世界の先進コールセンターが実践する業務量予測法とは

コールセンターの業務量(コール数や平均処理時間など)を予測するために、世界中のコールセンターで使われている2つの統計学的予測手法について解説します。

日常生活で簡単にできる、豊かな感情を取り戻す5つの習慣

今すぐできる組織の改善第75回

日常生活で簡単にできる、豊かな感情を取り戻す5つの習慣

漠然と「感情を豊かにする」といっても、簡単にはできません。しかし、自分の感情を左右している要因をリスト化することで、具体的に何を調整すべきなのかがわかります。

インシデント対応マニュアルは役に立たない?「机上演習」の効果とは

サイバー攻撃に企業はどう準備すべきか第2回

インシデント対応マニュアルは役に立たない?「机上演習」の効果とは

多くの企業において「インシデント対応マニュアル」を作成しているだろうが、実際にはさほど役に立たない。「机上演習」を受けることで、それが実感できるだろう。

コールセンターの業務量を予測する――まずは「コール数」の正しい理解から

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第2回

コールセンターの業務量を予測する――まずは「コール数」の正しい理解から

コールセンターのコール数を予測するためには、コール数そのものに対する正しい理解が不可欠です。しかし、中には管理者の立場でありながら理解不足な人も多いです。

事業戦略に「デジタル」を取り込む5つのポイント

答えのない時代、CIOがすべきこととは?第1回

事業戦略に「デジタル」を取り込む5つのポイント

答えのない時代に、如何にして事業に「デジタル」を取り込み、自社のビジネスを強化すべきか?先進企業のCIOに共通して見られる特徴を踏まえ、考察します。

「心のスイッチ」がONになる15の切り口

今すぐできる組織の改善第72回

「心のスイッチ」がONになる15の切り口

目標を立てても計画倒れに終わってしまうのは、気持ちの乗せ方に問題があるからです。感情にフォーカスすれば、続かなかった習慣も習慣化できます。

アマゾンは人事評価をどのようにしているのか?

Amazonの「中の人」が語る第3回

アマゾンは人事評価をどのようにしているのか?

世界有数のECサイト・Amazonの社内はどのようになっているのか?リアルな現場を、元アマゾンの「中の人」がレポートする本連載。第3回目のテーマは「人事評価」である。

イオンの礎を作った“伝説的経営者”の人事哲学とは

“門外不出”の教えを今に問う

イオンの礎を作った“伝説的経営者”の人事哲学とは

イオングループの人事・組織運営を長年担当した小嶋千鶴子氏は、トップに立つ人物のそばに、保守的な人間を置いてはいけないと断言する。それは一体なぜなのか。

「行動できない、続かない」はなぜ起こる?

今すぐできる組織の改善第70回

「行動できない、続かない」はなぜ起こる?

「行動すれば変わる」「継続は力なり」とよくいわれますが、実際に行動を継続することは簡単ではありません。解決のためには、5つの「深層構造」を理解する必要があります。