Bizコンパス

マネジメント

理想のリーダー像は「即興劇」の中にある

海外論文に学ぶビジネスのコツ第17回

理想のリーダー像は「即興劇」の中にある

リーダーがチームの活発な発言や連携を引き出すには、「相手が話している時に自分が話す準備をしない」「必ず足し算で話を続ける」など、即興劇で使われている3つのテクニックが有効なようです。

落ちこぼれ社員をフォローしすぎると、組織はダメになる

マネージャーの極意第6回

落ちこぼれ社員をフォローしすぎると、組織はダメになる

組織には必ずと言っていいほど、優秀な社員と落ちこぼれ社員がいます。しかし、落ちこぼれ社員のフォローばかりに力を注ぐと、組織全体の成果が下がる危険性があります。

フィードバックが有効なのは強みを伸ばす時だけ

海外論文に学ぶビジネスのコツ第16回

フィードバックが有効なのは強みを伸ばす時だけ

脳科学の研究によると、人がフィードバックを有効に活用できるのは、自分の得意分野についてのみで、苦手分野へのフィードバックはマイナスの効果が圧倒的なようです。

原辰徳が父・貢から教わった「勝つための鉄則」

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第38回

原辰徳が父・貢から教わった「勝つための鉄則」

2019年のセ・リーグは読売巨人軍が優勝した。今期から復帰した原辰徳監督の指導の賜物といえそうだが、実は原監督は、父である原貢氏から「勝つための鉄則」を学んでいた。

「採用してはいけない人」を見分ける、たった1つのコツ

マネージャーの極意第5回

「採用してはいけない人」を見分ける、たった1つのコツ

面接官が入社面接に臨む際、相手の本質を見極める能力が高い人ほど、採用のプロといえるでしょう。しかし時には「採用してはいけない人」を採用してしまうこともあります。

悪い習慣は「選択の魅力度」を考えれば止められる

今すぐできる組織の改善第84回

悪い習慣は「選択の魅力度」を考えれば止められる

ジムに行っても続かない、帰ってテレビばかり見てしまう……良い習慣を続ける、悪い習慣をやめるためには「選択の魅力度」を導き出すことで見えてきます。

Amazonが「働き方改革」よりも大切にするものとは

働き方改革の最前線へ

Amazonが「働き方改革」よりも大切にするものとは

「Amazonに働き方改革はありません」。衝撃的な発言で幕を開けたインタビューで明らかになった、日々ワークスタイルを向上させ、イノベーションへとつなげるAmazonの哲学とは。

コールセンターの要員計画を調整する「トレードオフ」を考える

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第8回

コールセンターの要員計画を調整する「トレードオフ」を考える

コールセンターのステークホルダー(顧客、企業、エージェント)のニーズを充たすために要員計画を調整する「トレードオフ」のプロセスについて解説します。

「残業時間を減らそう」だけでは、働き方改革は失敗する

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第1回

「残業時間を減らそう」だけでは、働き方改革は失敗する

働き方改革を推進するため「残業を減らそう」「私生活を充実しよう」と呼びかけている企業もあるでしょう。ですが、働き方改革の本質を見誤ると、失敗するかもしれません。

物理学者が説く。硬直する組織と、革新し続ける組織の違い

海外論文に学ぶビジネスのコツ第14回

物理学者が説く。硬直する組織と、革新し続ける組織の違い

革新的な企業であっても、ある時点から急にイノベーションが止まってしまうことがあります。イノベーションを実現し続けるための方程式を、物理学者の視点から紹介します。

優秀な人材を採用したいなら、面接で「直球」の質問をすべし

マネージャーの極意第4回

優秀な人材を採用したいなら、面接で「直球」の質問をすべし

採用面接のとき、最も大事なのは「相手の人となりを見極められるかどうか」です。そのためには、冒頭で「志望理由は?」を聞くことは、最もやってはいけないことの1つです。

「わかる」と「できる」の差を埋める、5つの習慣

今すぐできる組織の改善第81回

「わかる」と「できる」の差を埋める、5つの習慣

研修を受けた際、頭では理解したものの、行動にうまく移せないという人も多いでしょう。今回は研修を実行に移すための方法を、5つの習慣に分けて解説したいと思います。

成果を出したいなら、「自分流のこだわり」は捨てなさい

マネージャーの極意第2回

成果を出したいなら、「自分流のこだわり」は捨てなさい

上司はとかく自分の成功体験を部下に押し付けがちです。しかし、“伝説の営業マン”八木昌実氏は、「自分流にこだわるのは時間の無駄」と断言します。

サイバー攻撃を迎え撃つために、最も効果的な演習とは

サイバー攻撃に企業はどう準備すべきか第3回

サイバー攻撃を迎え撃つために、最も効果的な演習とは

サイバー攻撃で被害が発生した時は、組織的な動きが求められる。たとえばDDoS攻撃によって自社サイトにアクセスできないという苦情が殺到した場合、どう対応すべきなのか。

「自分がやった方が早い」では、残業はなくならない

今すぐできる組織の改善第77回

「自分がやった方が早い」では、残業はなくならない

「自分でやった方が早い」と仕事を抱える人がいますが、仕事の総量を減らさなければ、残業は減りませんし、より価値の高い仕事に集中できません。対策を紹介します。