シゴト力アップ

仕事が速い人が実践しているメール術とは?

意外と知らない「メール」のノウハウ(第2回)

仕事が速い人が実践しているメール術とは?

「メール」には無駄な時間が含まれており、間違ったメールの送り方や返信を続けていると、ビジネスのスピードが著しく遅くなる恐れがあります。2018.08.11

アラブの夜は「コーヒーニケーション」で楽しむ

海外発!最新「働き方」事情2018(UAE・アルアイン)

アラブの夜は「コーヒーニケーション」で楽しむ

アルコールに厳しいUAEでは、どこで“飲みニケーション”をするのでしょうか。その答えは「コーヒーショップ」です。UAEにおける“コーヒーニケーション”を紹介します。2018.08.04

現場がRPA導入に不安を感じている。どうすれば良い?

働き方は「ロボット」で変える(第2回)

現場がRPA導入に不安を感じている。どうすれば良い?

RPAを導入する際、現場から不安の声が聞かれるケースもある。そんな時、無理なく導入するためにはどうすれば良いのか。実際の事例を元に紹介する。2018.07.29

なぜ企業は賞味期限切れの戦略を選んでしまうのか

海外論文に学ぶビジネスのコツ(第4回)

なぜ企業は賞味期限切れの戦略を選んでしまうのか

企業の失敗の多くが、以前は有効だった戦略に旬が過ぎた後も固執することが原因といわれています。心理学観点から賞味期限切れの戦略に惑わされる理由と対策を紹介します。2018.07.25

スキルは身を助ける!中間管理職・榎本武揚の生き様

日本を支えた“中間管理職”の苦悩(第28回)

スキルは身を助ける!中間管理職・榎本武揚の生き様

戊辰戦争で最後まで明治新政府軍と戦った幕臣・榎本武揚。敗軍の将ながら多彩なスキルを評価され、明治時代に入ると、敵だった新政府のスカウトを受けて大臣職を歴任する。2018.07.25

どんな環境でも結果を残すリーダーシップとは?

安部徹也のMBAエッセンス講座(第9回)

どんな環境でも結果を残すリーダーシップとは?

効率的な組織を作り、適切な人材を配置しても、結果を出すためにはリーダーの存在が重要になってきます。今回は、結果を残す優れたリーダーになるための方法を紹介します。2018.07.17

基本的に産休がないアメリカの子育てスタイルとは?

海外発!最新「働き方」事情2018(アメリカ・シアトル)

基本的に産休がないアメリカの子育てスタイルとは?

一部企業を除いて、育休はおろか産休すら満足にないアメリカ。この過酷な状況を乗り越えるカギとなる、彼らのワークライフバランスに対する考え方、働き方の多様性に迫る。2018.07.14

高く売りたいなら「魅力がない商品」を用意すべし

世界は「行動経済学」で動いている

高く売りたいなら「魅力がない商品」を用意すべし

人間は、ときには不合理な選択肢を選ぶことがあります。こうした行動を分析する学問が「行動経済学」です。今回は、この行動経済学を用いた価格設定の方法を紹介します。2018.07.09

PDCAは時代遅れ? 泥臭くてタフな「DCPA」とは

スマートに正解を出す時代は終わった

PDCAは時代遅れ? 泥臭くてタフな「DCPA」とは

スピード感が必要な今の時代には、PDCAではなくDCPAという仕事の進め方が求められるといいます。失敗することを前提にしたDCPAとは、一体どのようなものなのでしょうか。2018.07.08

中国で「コワーキングスペース」ビジネスが激化

海外発!最新「働き方」事情2018(中国・大連)

中国で「コワーキングスペース」ビジネスが激化

中国では、コワーキングスペースビジネス、いわゆるシェアオフィスビジネスが激化しており、外資系だけでなく、現地法人も急成長している。しかし、なぜ人気なのか?2018.07.02

97%の企業が業務を5割削減、「RPA」の効果とは

働き方は「ロボット」で変える(第1回)

97%の企業が業務を5割削減、「RPA」の効果とは

パソコン上で様々な事務処理を人間に代わって実行するソフトウェアロボット「RPA」が急速な広がりを見せている。どのような効果があるのか、3回に分けて紹介する。2018.06.25

「アホ」と戦わず、逆に味方にする方法

頭に来ても戦ってはいけない

「アホ」と戦わず、逆に味方にする方法

人気のビジネス書「頭に来てもアホとは戦うな!」によれば、意味のない攻撃を仕掛けてくる「アホ」は、正面から戦うより、○○○した方が良いといいます。2018.06.09

GoogleもFacebookも立って仕事している

仕事を効率化するちょっとした工夫

GoogleもFacebookも立って仕事している

海外ではスタンディスク(立ち机)を導入する企業が増えている。欧米では政府主導でオフィス改革を進める国もある。しかし、なぜわざわざ「立ち作業」をする必要があるのだろうか?2018.06.07

なぜ忙しい時ほど重要でない仕事をしてしまうのか

海外論文に学ぶビジネスのコツ(第3回)

なぜ忙しい時ほど重要でない仕事をしてしまうのか

人はやるべきことが多いほど、「タスク完了バイアス」によって、優先順位の判断を間違いやすくなります。ただし、うまく活用すれば、仕事の効率化にも結び付けられます。2018.06.06

迅速な意思決定を生む、ドイツの「指揮の文化」とは

勝利の裏にあるリーダーシップ

迅速な意思決定を生む、ドイツの「指揮の文化」とは

第二次世界大戦、ナチス・ドイツ軍は当時の軍事大国フランスに対し、圧倒的なスピードで勝利を収めた。その背景には、ドイツ伝統の「指揮の文化」があった。2018.05.31

厳しい環境でも高い成果をあげる組織の作り方

安部徹也のMBAエッセンス講座(第7回)

厳しい環境でも高い成果をあげる組織の作り方

「ヒト」をどのように活用するかは、企業の業績にとって重要な課題です。人材の活用次第で、1+1が1に留まることもあれば、逆に3にも4にもなることもあるのです。2018.05.31

値下げ合戦から抜け出し「一人勝ち」する方法とは

ビジネスの問題を「ゲーム」で考える(後編)

値下げ合戦から抜け出し「一人勝ち」する方法とは

ビジネスには、競合他社と「値下げ合戦」をしてしまう場面が訪れることがありますが、ゲーム理論を活用することで、値下げ合戦を食い止めたり、出し抜くこともできます。2018.05.28

生きている会社は「課長」がひと味ちがう

生きている/死んでいる会社の違いとは(後編)

生きている会社は「課長」がひと味ちがう

ビジネス書「生きている会社、死んでいる会社」では、生きている会社のキーパーソンは課長と述べられています。なぜ部長でも係長でもなく、課長が鍵なのでしょうか?2018.05.28

世論を操作した「新聞王」ハーストの華麗なるウソ

「フェイクニュース」の時代を生き抜く(第4回)

世論を操作した「新聞王」ハーストの華麗なるウソ

マスメディアが扇情的な内容で大衆の興味を引く手法は、19世紀末のアメリカで既に発達し、戦争をも引き起こした。中心人物である"新聞王”ハーストの手口を紹介しよう。2018.05.28

「ビジネスを変える課題」はどう設定すれば良いのか

成果を出し続ける人とそうでない人の違いとは(後編)

「ビジネスを変える課題」はどう設定すれば良いのか

仕事が「圧倒的に」できる人は、優れた課題を設定します。しかし、 “優れた課題”とは何のことでしょうか?そして、どう設定すれば良いのでしょうか?その方法を解説します。2018.05.26

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter