Bizコンパス

バージニア

バージニア

バージニアのお勧め観光プラン(小旅行)

バージニアのお勧め観光プラン(小旅行)

バージニアはワイナリーが多い事で有名です。テイスティングがだいたい10ドル程度で楽しめます。持ち帰り用ボトルやおつまみも取り扱っています。

バージニアの最新スポーツ動向

バージニアの最新スポーツ動向

バージニアには、アメフト・野球・バスケット・アイスホッケーという「4大スポーツ」のプロチームがすべて揃っています。これはアメリカでも珍しいケースです。

バージニアの通信・モバイル事情

バージニアの通信・モバイル事情

アメリカでは現在、「Venmo」という送金アプリが流行しています。電話番号で相手のアカウントを検索し、銀行口座から直接相手に支払いを行うというもの便利なものです。

バージニアで知っておきたいルール/慣習

バージニアで知っておきたいルール/慣習

バージニアでは黄色い塗装のスクールバスがよく走っています。実はこのバスにだけ、ある特別なルールが設けられています。そのルールとは…?

バージニアでの生活のはじめ方

バージニアでの生活のはじめ方

アメリカの救急車の番号は「911」です。そして、ER(日本でいうところの救急救命室)に運ばれ、初期治療を施し、その後の治療方針を指導してくれます。

バージニアでこの一年の苦労話

バージニアでこの一年の苦労話

バージニアでレンタカーを予約する際に注意しなければいけないのは、保険代が入っているかどうかです。保険代は高額でレンタカー代金の倍近くかかる場合があります。

バージニアでのお酒の楽しみ方

バージニアでのお酒の楽しみ方

バージニアはワインの生産地として有名です。空港から30分も車で走れば、いたるところにワイナリーがあり、ツアーもやっています。現地でワインを購入することも可能です。

バージニアのルール・作法

バージニアのルール・作法

バージニアでは建物内に喫煙所がなく、喫煙者は屋外でタバコを吸うのが一般的です。冬は日中0度以下になる日も多いため、一服するにもかなりの覚悟が必要です。

バージニアのビジネススタイル

バージニアのビジネススタイル

アメリカにはオフの時間を大事にする文化があるためか、残業する人は少ないです。遅くまで残っていると「家に帰るの忘れないでね!」とジョーク交じりで声をかけられます。

バージニアのお勧め観光プラン(2泊3日)

バージニアのお勧め観光プラン(2泊3日)

バージニアは通勤も車、最寄りのスーパーに行くにも車が必要です。車がないと生活ができませんが、あれば自然を楽しみながらのドライブが楽しめます。

バージニアにおける食文化

バージニアにおける食文化

ザ・アメリカンな食事といえば、ステーキやハンバーガーなど、豪快な肉料理を想像するでしょうか。今、駐在員の周囲では、「モンゴリアンBBQ」がはやっているそうです。

バージニア駐在員の年末年始の模様

バージニア駐在員の年末年始の模様

年越しの風景と言えば、ニューヨークのタイムズスクエアのカウントダウンが有名です。会場ではさまざまなイベントが催されますが、大晦日の朝から並ばなければ入れません。そのためにはあるアイテムが必要だそうです。

バージニア駐在員のインターネット事情

バージニア駐在員のインターネット事情

人口の8割がインターネットを利用しているといわれるアメリカ。それだけ普及していることもあり、さまざまな利用用途があるようです。いずれ新サービスとして日本にも来るのでしょうか?

バージニア駐在員の携帯電話事情

バージニア駐在員の携帯電話事情

アメリカでは約1億3500人がスマートフォンを使っています。アプリもたくさん出ていますが、その中に、日本語を名前に持つものがあります。どんなアプリなのでしょうか。