企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

企業規模「101~1000名」の事例記事一覧

  • クラウドを駆使してユーピーアールが物流に新風を吹き込む

    ユーピーアール株式会社は、荷役台「パレット」のレンタル事業を全国に展開している。同社が、RFIDを活用した「スマートパレット」を展開する上で、選んだIoTプラットフォームとは。

  • 日本コカ・コーラシステムに見るクラウド活用の真髄

    日本のコカ・コーラシステムにおけるITシステム関連業務を担うコカ・コーラアイ・ビー・エス社は、グループで使われていた膨大な数のシステムを統合するためにクラウドを利用します。

  • システムの機能向上とTCOを両立させたシャルレ

    衣料品や化粧品を取り扱う株式会社シャルレは、IT基盤の老朽化を解決すべく、高性能かつ安定性に優れた新しいIT基盤を立ち上げます。そのIT基盤とはどのようなものでしょうか。

  • 551蓬莱に見る、売れるECサイトの絶対条件とは

    大阪名物として知られる「551 蓬莱の豚まん」はネット通販も人気です。実は当初、蓬莱にはECサイトに詳しい人がいなかったといいます。どのような方法で作成したのでしょうか。

  • カメラ+ロボットでこだわり京漬物店の販売を支援

    初代亀蔵の直売店にて、ネットワークカメラとロボットで来店者とコミュニケーションをとる実験が行われました。どのようなメリットがあったのでしょうか。

  • 介護業界に光明をもたらすビッグデータ活用

    デイサービスを運営している株式会社エムダブルエス日高は、施設利用者の身体情報などをビッグデータとして解析し、どのように利用しているのでしょうか。

  • “日本をもっと健康に”を追求!タニタの新しい挑戦

    体組成計など「健康をはかる」製品を世に送り出す株式会社タニタでは、計測機器とウェブサイトやアプリを用いて「健康をつくる」という新たなビジネスを開始しています。

  • なぜVAIOはMVNO参入を決断したのか?

    パソコンのブランド「VAIO」シリーズで広く知られているVAIO株式会社は、同社にとって未知の領域であったMVNO事業に参入しました。その裏にはどんな狙いがあったのでしょうか。

  • 戦略的ビジネス展開を加速するクラウドのパワー

    コールセンター事業を行うウイングでは、自社の音声基盤のクラウド化を決断。この結果、業務の効率が3倍に向上したといいます。一体何がどう変わったのでしょうか?

  • IoTで車両や運転を管理するクラウドサービスとは

    IoT関連サービスを手掛ける株式会社スマートバリューは、営業車両の位置情報をリアルタイムで表示するサービスを開始。その基盤となっているのは、ある通信サービスでした。

  • フォスター電機が舵を切ったクラウド移行の理由とは

    スピーカやヘッドホンなどの音響機器を世界に展開するフォスター電機は、管理の効率化や海外拠点との共通プラットフォームを作るため、基幹システムのクラウド移行を決断しました。

  • クラウド化が最適解!りらいあコミュニケーションズ

    テレマーケティング事業を展開するりらいあコミュニケーションでは、コンタクトセンターの基盤にクラウドを採用しました。クラウドはオンプレミスと比べどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • “笑声”でCS向上を図る、スパリゾートハワイアンズ

    東日本大震災の営業中止からわずか1年でV字を果たしたスパリゾートハワイアンズ。しかし、増え続ける電話応対に対応できずクレームが発生。そこで導入したのが「ナビダイヤル」でした。

  • IBM iのクラウド化を実現した西華産業の挑戦

    機械系商社の西華産業は、クラウド化があまり進んでいない「IBM iサーバー」のクラウド化を実現しました。どのような手法でそれを成し遂げたのでしょうか。

  • 他社が注目!SBI証券コンタクトセンターの取り組み

    SBI証券のコンタクトセンターでは、1日5,000~7,000件ほどの問い合わせに対応していますが、オペレーターにつながるまでの間に流れるガイダンスに、ある工夫があります。

  • エキサイトが実現したカスタマーセンターの効率運営

    エキサイト株式会社では、インターネット接続サービス「エキサイト光」のカスタマーセンターの電話回線に、自動応答でコールが振り分けられる「IVR」機能が付いたナビダイヤルを使用しています。

関連記事

その他の企業規模の事例をお読みいただけます。