企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

業種「建設・不動産・製造」の事例記事一覧

  • 安全運転管理で企業価値を高めるイーケーエレベータ

    自社の全車両にIoTサービスを導入し、業務車両の運転状況を「見える化」した産業用昇降機メーカーのイーケーエレベータ。それによって生まれた想定以上の効果とは?

  • 優秀人材を確保するため、神戸製鋼が多国籍人材を雇用する切り札

    ダイバーシティ戦略を掲げ、優秀な人材確保・育成に取り組む神戸製鋼。その中には外国籍社員の採用もあり、働く現場には、言語の壁を超えるためのコミュニケーション補助ツールが不可欠でした。

  • IoTで車両事故ゼロを目指すヤシマ・エコ・システム

    自社の営業車両へIoTサービスを導入することにより、営業車の交通事故を減少させ、業務効率を向上させたヤシマ・エコ・システム。その背景や挑戦を、ひも解いていきます。

  • IoTとAI活用で危険を防ぐ、見守りサービス「みもり」

    株式会社ドリームエリアは、子どもを見守るためのデバイスである「みもり」を開発。このデバイスの肝となるのが、AIと「100円SIM」といいます。どのような仕組みになっているのでしょうか。

  • スズキに学ぶ!インド新工場ネットワーク構築の実態

    多くの日系企業が進出を検討しているインドですが、通信インフラの安定性において課題があります。35年前にインドに進出したスズキ株式会社は、どのように運用しているのでしょうか。

  • 竹中工務店が構築したデジタル化推進のための基盤

    株式会社竹中工務店では、建設現場で扱う、全国の数百にものぼるデジタル情報の共有が課題となっていました。そのような課題を、ある方法で解決します。

  • 個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

    グローバルに事業を展開する新電元工業の電装事業本部では、共通のERPパッケージを各拠点に導入することにより、国内外の生産拠点を結ぶグローバルSCMを構築しました。

  • AI活用で事前に製品の品質異常を予測する三井化学

    三井化学では、オペレーターの高齢化が進む中で、“暗黙知”として存在するノウハウを次世代にどう継承していくかが課題でした。そこで、AIの活用を推進しました。

  • パナソニックの4K映像配信を支える“SD技術”

    映像の高画質化が進みつつある「監視カメラ」ですが、4K映像を配信するにあたり、ネットワークの帯域に課題がありました。パナソニックではこの問題にある方法で対抗します。

  • “誰でも使えるIoT&AI”で社会課題に挑むビーサイズ

    デザイン家電メーカーのビーサイズでは、「Bsize BoT」という手の平サイズのロボットを開発。誰でも簡単に通信機能が使えるよう、あるサービスをチョイスしました。

  • ボッシュの働き方改革成功のカギはボトムアップ

    子育て・傷病者を対象に在宅勤務制度を運用してきたボッシュ。近年はそれを更に推進し、一般社員も在宅で勤務できる制度を導入しています。どのような制度なのでしょうか。

  • MVNOでコスト削減と品質向上を両立させたデジタコ

    運行記録計「デジタコ」を取り扱うNPシステム開発は、取得するデータの増加により、顧客の通信費負担が増大するという問題を抱えていました。同社はあるサービスで、その問題を解決しようとします。

  • 三菱電機の海外事業強化の鍵、ハイブリッドクラウド

    三菱電機グループがグローバル事業の強化を目指し、ICT基盤整備に本格的に着手しました。どういった背景や狙いがあったのでしょうか。

  • 女性の仕事を応援!富士機械製造のロッカーシステム

    産業用ロボットメーカーの富士機械製造は、ネットスーパーで購入した商品が受け取れるロッカーシステムを開発しました。このロッカーにはIoTの技術が活用されていますが、どのような仕組みになっているのでしょうか。

  • “日本をもっと健康に”を追求!タニタの新しい挑戦

    体組成計など「健康をはかる」製品を世に送り出す株式会社タニタでは、計測機器とウェブサイトやアプリを用いて「健康をつくる」という新たなビジネスを開始しています。

  • なぜVAIOはMVNO参入を決断したのか?

    パソコンのブランド「VAIO」シリーズで広く知られているVAIO株式会社は、同社にとって未知の領域であったMVNO事業に参入しました。その裏にはどんな狙いがあったのでしょうか。

  • フォスター電機が舵を切ったクラウド移行の理由とは

    スピーカやヘッドホンなどの音響機器を世界に展開するフォスター電機は、管理の効率化や海外拠点との共通プラットフォームを作るため、基幹システムのクラウド移行を決断しました。

  • IHIが選択したPBXクラウド化とFMCの連携

    グローバルに事業を展開する株式会社IHIでは、主要生産拠点のPBX更新を契機にグループ全体の音声コミュニケーション環境の見直しに着手。「FMC」と「クラウドサービス」を連携させる手法を選択しました。

関連記事

その他の業種の事例をお読みいただけます。