企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

業種「商社・流通・小売」の事例記事一覧

  • 顧客接点刷新で現場の課題を可視化したローソン

    ローソンでは顧客向けの問い合わせには電話・メール・Webなど複数の窓口を設けていましたが、加盟店向けには電話のみでした。そこで、新たなコンタクトセンターシステムの導入を検討します。

  • 日本コカ・コーラシステムに見るクラウド活用の真髄

    日本のコカ・コーラシステムにおけるITシステム関連業務を担うコカ・コーラアイ・ビー・エス社は、グループで使われていた膨大な数のシステムを統合するためにクラウドを利用します。

  • ワーキングスペースとして注目のカラオケボックス

    カラオケボックスチェーン「ビッグエコー」を展開する第一興商では、カラオケボックスを会議室として活用する取り組みを進めています。どのようなメリットがあるのでしょうか。

  • システムの機能向上とTCOを両立させたシャルレ

    衣料品や化粧品を取り扱う株式会社シャルレは、IT基盤の老朽化を解決すべく、高性能かつ安定性に優れた新しいIT基盤を立ち上げます。そのIT基盤とはどのようなものでしょうか。

  • 551蓬莱に見る、売れるECサイトの絶対条件とは

    大阪名物として知られる「551 蓬莱の豚まん」はネット通販も人気です。実は当初、蓬莱にはECサイトに詳しい人がいなかったといいます。どのような方法で作成したのでしょうか。

  • 三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

    三井物産株式会社は、グローバルIT基盤の刷新プロジェクトを開始しました。“自ら進化するIT基盤”のために開始したこの計画には、どのような真意があったのでしょうか。

  • カメラ+ロボットでこだわり京漬物店の販売を支援

    初代亀蔵の直売店にて、ネットワークカメラとロボットで来店者とコミュニケーションをとる実験が行われました。どのようなメリットがあったのでしょうか。

  • ビッグデータがウエルシア薬局に与えた“気づき”

    ドラッグストア大手のウエルシア薬局は、筑波大学との共同研究で自社のPOSデータを同大学に提供したところ、学生たちが意外な業務改善提案を行ってきたといいます。

  • キャスキッドソンが期限内にシステム更改できた理由

    英国のアパレルブランドCath Kidston(キャスキッドソン)は、日本国内にIT部門を持たずに、日本28カ所の店舗をつなぐPOSシステム基盤の構築に成功しました。なぜそれができたのでしょうか?

  • 怒涛の出店戦略を支えるコメリ流IT基盤のつくり方

    全国に1,000店舗以上も出店するチェーンストア「コメリ」。その怒涛の出店戦略を支えているのは、1年がかりの更改作業の末に生まれた情報系ネットワークでした。

  • “笑声”でCS向上を図る、スパリゾートハワイアンズ

    東日本大震災の営業中止からわずか1年でV字を果たしたスパリゾートハワイアンズ。しかし、増え続ける電話応対に対応できずクレームが発生。そこで導入したのが「ナビダイヤル」でした。

  • 大手ゲームメーカーが下したクラウド移行の決断

    企業の事業活動を支える基幹系システムをクラウドで運用する企業が増えつつあります。今回はSAP ERPをクラウドに移行した、ある大手ゲームメーカーの事例を紹介します。

  • 柿安本店が考える、10年先も安心できるIT基盤とは

    創業140年以上の伝統を持つ老舗食品メーカーの柿安本店は、多事業展開で急成長を遂げた一方で、事業部門ごとに構築された複雑なシステム環境が課題となっていました。

  • クラウドERPの導入に踏み切ったオリバーの選択とは

    「年代物の基幹系システムが聖域化していて簡単に更改できない」という企業は少なくないでしょうが、株式会社オリバーは、オフコンで稼働する基幹系システムのクラウド化に成功しました。

  • IBM iのクラウド化を実現した西華産業の挑戦

    機械系商社の西華産業は、クラウド化があまり進んでいない「IBM iサーバー」のクラウド化を実現しました。どのような手法でそれを成し遂げたのでしょうか。

  • キタムラが挑んだクラウド移行によるIT可視化とは

    「カメラのキタムラ」でお馴染みの株式会社キタムラでは、事業拡大や拠点の増加によりITシステムが複雑化し、コストと運用管理の負荷が増えていました。同社が取った策とは?

  • “攻め”のIT活用を推進するためのオルビスの戦略

    化粧品販売のオルビス株式会社では、全国にある108の店舗と本社を結ぶネットワーク基盤の更改を課題としていました。そこで、運用保守をアウトソースへと切り替えます。

  • “タブレット接客”を支える三城の運用保守体制とは

    「パリミキ」「メガネの三城」などメガネ店を全国に展開する株式会社三城では、iPadを各店舗の接客に利用。セキュリティと安定性を高めるため、VPNサービスの導入に踏み切ります。

  • フリーアドレスなどのIT活用で働き方環境を一新

    「ショップジャパン」を運営するオークローンマーケティングは、約100名の従業員を抱えるマーケティング部門を名古屋から東京へ移転。同時に社員が個別の机を持たない「フリーアドレス」をオフィスを実現します。

関連記事

その他の業種の事例をお読みいただけます。