Bizコンパス

IT事例ライブラリー

100社を超える企業のIT導入事例をまとめてご紹介

絞り込み結果:金融・証券・保険

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

フィデリティ投信株式会社

フィディリティ投信では、英語のレポートを翻訳し、顧客に届けるサービスを行っていますが、翻訳作業に伴う時間とコストが課題でした。この問題を「AI」で解決したといいます。

自動回答するAIでCS向上を図るSMBC日興証券

SMBC日興証券株式会社

SMBC日興証券では、2017年5月よりコンタクトセンターにAIを搭載したチャットボットを導入しました。どのような仕組みで、コールに対応しているのでしょうか。

AI活用でコールセンター変革に挑む損保ジャパン日本興亜

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

年間で約190万コールに対応している損害保険ジャパン日本興亜株式会社では、AI(人工知能)を業務に活用するためのトライアルが始まりました。

デジタル技術で顧客に寄り添う保険サービスへ

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、超高齢化社会で高騰する医療費への対策に向け、ある画期的な健康サービスブランドを立ち上げました。

盤石なITインフラとその運用体制確立を短期間に実現

三井住友信託銀行株式会社

海外のビジネス環境に合わせて最適なIT環境を構築することは困難を極めますが、現在タイで新銀行の開設準備を進めている三井住友信託銀行は、ある方法で多くの課題を克服しました。

攻め&守りで盤石のIT基盤を構築した東京海上日動

東京海上日動火災保険株式会社

東京海上日動では、グループの基幹システムをデータセンターに移行することを決断。最終的にNTTコミュニケーションズの施設を選択しましたが、決め手となったのは「とう道」でした。

ひまわり生命が選択したシンクライアント基盤構築法

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社では、顧客情報の保護と外出先からの社内システムの利用のため、シンクライアントで利用できるモバイル環境の構築に取り組みました。

他社が注目!SBI証券コンタクトセンターの取り組み

株式会社SBI証券

SBI証券のコンタクトセンターでは、1日5,000~7,000件ほどの問い合わせに対応していますが、オペレーターにつながるまでの間に流れるガイダンスに、ある工夫があります。

多様なシステムの全体最適を実現したアサヒグループ

アサヒグループホールディングス株式会社

ビールやウイスキーでお馴染み「アサヒビール」の持株会社であるアサヒグループホールディングスでは「スパゲッティ状態」のシステム環境が課題でした。どのように改革したのでしょうか。

みずほ銀行のグローバル戦略を支えるITサポート

株式会社みずほ銀行

みずほ銀行は2014年、法人向け海外オンラインバンキングシステムを全面的に刷新。その鍵となったのが、海外からの問い合わせにも24時間365日対応できるグローバルなヘルプデスクの導入でした。

“もっと身近な安心”を求め変革を進めるアフラック

アメリカンファミリー生命保険会社

大手生命保険会社「アフラック(アメリカンファミリー生命保険)」では、災害時に備え、関東と関西に拠点を分けフリーダイヤルを採用するなどの取り組みを行っています。

さわかみ投信が選択したクラウド活用とは

さわかみ投信株式会社

投資信託会社「さわかみ投信」では、基幹システムをクラウド「Bizホスティング Enterprise Cloud」へ移行しますが、その裏には周到な準備がありました。

セブン銀行が認めたデスクトップ仮想化とは

株式会社セブン銀行

コンビニのATMおなじみ「セブン銀行」では、Windows XPとOffice 2003のサポート終了の問題を、デスクトップ仮想化ツール「Bizデスクトップ Pro」を導入し解決しました。

絞り込み

ITジャンルから探す
経営課題から探す
業種から探す
従業員数から探す※記事掲載時
フリーワード検索

検索