企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

業種「運輸・物流・通信」の事例記事一覧

  • AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組む ドコモ

    ドコモ・バイクシェアが事業展開する自転車のシェアサービスは、認知・利用拡大に伴って、コールセンターの応対稼働が逼迫。同社は、その課題にどう取り組んでいるのでしょうか。

  • クラウドを駆使してユーピーアールが物流に新風を吹き込む

    ユーピーアール株式会社は、荷役台「パレット」のレンタル事業を全国に展開している。同社が、RFIDを活用した「スマートパレット」を展開する上で、選んだIoTプラットフォームとは。

  • 働き方改革によりシスコが得た多大な効果とは

    日本は今、国を挙げて抜本的な働き方改革を成し遂げようとしていますが、創業当初から働き方改革を進めてきたシスコシステムズ合同会社は、どのような成果があったのでしょうか。

  • インテックがネットワークを一元提供する狙いとは

    ITベンダーが顧客と結ぶネットワークは、各通信キャリアから調達することがほとんど。しかしインテックは、敢えて独自のネットワークを立ち上げました。その狙いはどこにあるのでしょうか。

  • 働き方改革を加速させるサテライトオフィスの活用

    東急電鉄は、多様な働き方を実現するために、法人向けにサテライトオフィスを提供しています。同社のサテライトオフィスの利点とは一体どのようなものなのでしょうか。

  • 日本郵便がクラウドを活用し海外コンサル事業を推進

    日本郵便は、長年培ってきた郵便業務のノウハウを新興国に提供しています。同社はどのような視点で、現地のIT事業者を選定しているのでしょうか。

  • 進取な経営を加速する三八五流通のクラウド戦略

    青森県に拠点を構える三八五流通では、自社サーバーの台数が年々増加し、費用と運用負荷も増大していました。そこで同社は、基幹系システムのクラウド化に踏み切ります。

  • IoTで車両や運転を管理するクラウドサービスとは

    IoT関連サービスを手掛ける株式会社スマートバリューは、営業車両の位置情報をリアルタイムで表示するサービスを開始。その基盤となっているのは、ある通信サービスでした。

  • コールセンターの課題をクラウドで解決した日本郵便

    日本郵便では、これまで運営していたコールセンターの拠点の契約期限が切れることから移転を決定。PBXの扱いが課題となりましたが、クラウドを利用することで解決します。

  • IoTで熱中症防止!JALの実証実験に挑んだ現場の声

    日本航空(JAL)では、空港で荷物の搬送や積み下ろし作業を行なう「グランドハンドリング」業務のスタッフに、熱中症対策としてIoTを活用したウェアラブルデバイスの実験を行いました。

  • IoTで社員の安全を守る!JALが挑む取り組みとは

    日本航空(JAL)では、屋外で働く社員の熱中症対策として、着るだけで心拍数など生体情報の連続取得を可能にする素材「hitoe」の実証実験を開始。そのチャレンジの詳細に迫ります。

  • グローバルでのSFA統合を完遂させたNTT Com

    顧客情報や案件の進捗状況を一元的に管理できるSFA(Sales Force Automation)のメリットを最大化するには、全社で同一システムを使う必要があります。今回はNTT Comの導入事例を紹介します。

  • 中国との遅延を解決した濃飛倉庫運輸のクラウド環境

    アジアを中心にグローバルな物流サービスを提供する濃飛倉庫運輸ですが、海外拠点と国内拠点のネットワーク遅延が問題となっていました。この問題を課題を解決したのが「グローバルクラウド」でした。

  • 「競争と協調」で成長を続けるカスタマーズフロント

    NTTコミュニケーションズの問い合わせを受け付ける「カスタマーズフロント」では、販売、CS、応答の3本柱において高いKPIを設定、達成しています。その秘密は同センターの運営体制にありました。

関連記事

その他の業種の事例をお読みいただけます。