企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

業種「サービス業」の事例記事一覧

  • IT業界の悪習を断ち切ったSCSKの果敢な挑戦

    日本を代表するSIerであるSCSK社では、時間外労働や長時間労働が常態化していました。そんな中、経営トップから残業時間の半減と有給休暇の完全取得が厳命されます。

  • クラウド型PBXで実現!星野リゾートの人材活用手法

    星野リゾートでは、従業員の「働く環境」を整備するために、クラウド型PBXとナビダイヤルを組み合わせた環境を構築。この結果、多くのメリットがあったといいます。

  • Criteoのアジア進出の基盤となったITインフラとは

    リターゲティング広告において世界大手のCriteo(クリテオ)社は、アジアでの市場拡大のために、信頼性の高いNTTコミュニケーションズのIT基盤を導入しました。

  • 戦略的ビジネス展開を加速するクラウドのパワー

    コールセンター事業を行うウイングでは、自社の音声基盤のクラウド化を決断。この結果、業務の効率が3倍に向上したといいます。一体何がどう変わったのでしょうか?

  • クラウド化が最適解!りらいあコミュニケーションズ

    テレマーケティング事業を展開するりらいあコミュニケーションでは、コンタクトセンターの基盤にクラウドを採用しました。クラウドはオンプレミスと比べどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • クラウド化で事業拡大を成し遂げた、サン・システム

    新潟県の独立系SIer「サン・システム」では、物流管理サービスのクラウド展開を決断。低コストかつ柔軟なサービスを提供することで、大幅な市場拡大に成功しています。

  • 電話分析でCS向上を図る、宅配寿司「銀のさら」

    宅配寿司「銀のさら」などを展開するライドオン・エクスプレスでは、電話受付の課題を可視化し機会損失の削減や顧客サービスを向上させるためにナビダイヤルを導入しました。

  • エキサイトが実現したカスタマーセンターの効率運営

    エキサイト株式会社では、インターネット接続サービス「エキサイト光」のカスタマーセンターの電話回線に、自動応答でコールが振り分けられる「IVR」機能が付いたナビダイヤルを使用しています。

  • MVNOのサービスを利用し低価格移動体無線を実現

    タクシー業界では無線をデジタル化する動きがありますが、格安SIM「OCNモバイルONE」を使い、スマホをデジタル無線として活用するサービスが開発されました。

  • 大手旅行会社に見る「ナビダイヤル」導入のメリット

    日本旅行では予約センターに一般電話を導入していましたが、ユーザーを長い間待たせてしまうなどの問題点がありました。そこで導入したのが「ナビダイヤル」です。

  • 音声・データ統合でコンタクトセンター効率化を実現

    東計電算は岩手県にコールセンターを開設。しかし東京の拠点と離れているため通信費が増えていました。そこでIP電話「Arcstar IP Voice」などを導入し解決します。

  • 若者をカラオケに呼び込め!スマホ集客で会員増達成

    カラオケ店「ビッグエコー」で知られる第一興商は、若年層の集客が課題でした。そんな中「スマホ集客ソリューション」を導入、月間3,000万円の売上効果をあげました。

  • フリーダイヤル、ナビダイヤルの効果的な活用事例

    ノーリツではユーザーの窓口としてフリーダイヤルとナビダイヤルを導入。震災で東日本のコールセンターが機能しなくなったものの西日本に切り替えることで対応できました。

関連記事

その他の業種の事例をお読みいただけます。