企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

ITジャンル「人工知能(AI)」の事例記事一覧

  • AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組む ドコモ

    ドコモ・バイクシェアが事業展開する自転車のシェアサービスは、認知・利用拡大に伴って、コールセンターの応対稼働が逼迫。同社は、その課題にどう取り組んでいるのでしょうか。

  • IoTプラットフォームで工場の未来を拓くファナック

    国内外の工場の自動化を追求してきたファナックのIoTを活用した新事業「FIELD system」は、いかにして開発されたのか。そのベースには、パートナー企業との共創がありました。

  • なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

    フィディリティ投信では、英語のレポートを翻訳し、顧客に届けるサービスを行っていますが、翻訳作業に伴う時間とコストが課題でした。この問題を「AI」で解決したといいます。

  • IoTとAI活用で危険を防ぐ、見守りサービス「みもり」

    株式会社ドリームエリアは、子どもを見守るためのデバイスである「みもり」を開発。このデバイスの肝となるのが、AIと「100円SIM」といいます。どのような仕組みになっているのでしょうか。

  • PFNがディープラーニング研究開発を支えるGPU計算基盤を構築

    株式会社Preferred Networksは、2017年9月、国内最大級のスーパーコンピュータ「MN-1」の稼働をスタートしましたが、その構築は極めて難易度が高いものだったといいます。

  • AI活用で事前に製品の品質異常を予測する三井化学

    三井化学では、オペレーターの高齢化が進む中で、“暗黙知”として存在するノウハウを次世代にどう継承していくかが課題でした。そこで、AIの活用を推進しました。

  • コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは

    格安SIMサービス「OCN モバイル ONE」では、顧客の問い合わせ対応にAIを導入。問い合わせ数を約3倍に増やす一方、オペレーターによる応対件数を約6割以上削減しています。

  • 自動回答するAIでCS向上を図るSMBC日興証券

    SMBC日興証券では、2017年5月よりコンタクトセンターにAIを搭載したチャットボットを導入しました。どのような仕組みで、コールに対応しているのでしょうか。

  • “誰でも使えるIoT&AI”で社会課題に挑むビーサイズ

    デザイン家電メーカーのビーサイズでは、「Bsize BoT」という手の平サイズのロボットを開発。誰でも簡単に通信機能が使えるよう、あるサービスをチョイスしました。

  • カメラ+ロボットでこだわり京漬物店の販売を支援

    初代亀蔵の直売店にて、ネットワークカメラとロボットで来店者とコミュニケーションをとる実験が行われました。どのようなメリットがあったのでしょうか。

  • 自分を知るメガネ「JINS MEME」の大いなる可能性

    JINSが開発した、装着者の心理状態をセンシングするメガネ「JINS MEME」。開発者によると、その先には大いなるビジネスの可能性があるといいます。

  • キレイを人工知能でサポートする、資生堂の挑戦とは

    化粧品メーカーの資生堂では、AIが相談を受け付けるアプリ「おしえて!ビュー子」を開発。その裏には、10代、20代前半の“デジタルネイティブ世代”を開拓する狙いがありました。

関連記事

人工知能(AI)にかかわる記事をお読みいただけます。