企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

ITジャンル「ビッグデータ」の事例記事一覧

  • PFNがディープラーニング研究開発を支えるGPU計算基盤を構築

    株式会社Preferred Networksは、2017年9月、国内最大級のスーパーコンピュータ「MN-1」の稼働をスタートしましたが、その構築は極めて難易度が高いものだったといいます。

  • 顧客接点刷新で現場の課題を可視化したローソン

    ローソンでは顧客向けの問い合わせには電話・メール・Webなど複数の窓口を設けていましたが、加盟店向けには電話のみでした。そこで、新たなコンタクトセンターシステムの導入を検討します。

  • 気象衛星観測データをクラウド提供、ひまわりの挑戦

    日本の静止気象衛星「ひまわり8号・9号」は、気象衛星観測データを世界中に提供するために商用のクラウドサービスを採用しています。気象庁にその狙いを聞きました。

  • “誰でも使えるIoT&AI”で社会課題に挑むビーサイズ

    デザイン家電メーカーのビーサイズでは、「Bsize BoT」という手の平サイズのロボットを開発。誰でも簡単に通信機能が使えるよう、あるサービスをチョイスしました。

  • 介護業界に光明をもたらすビッグデータ活用

    デイサービスを運営している株式会社エムダブルエス日高は、施設利用者の身体情報などをビッグデータとして解析し、どのように利用しているのでしょうか。

  • ビッグデータがウエルシア薬局に与えた“気づき”

    ドラッグストア大手のウエルシア薬局は、筑波大学との共同研究で自社のPOSデータを同大学に提供したところ、学生たちが意外な業務改善提案を行ってきたといいます。

  • 女性の仕事を応援!富士機械製造のロッカーシステム

    産業用ロボットメーカーの富士機械製造は、ネットスーパーで購入した商品が受け取れるロッカーシステムを開発しました。このロッカーにはIoTの技術が活用されていますが、どのような仕組みになっているのでしょうか。

  • 自分を知るメガネ「JINS MEME」の大いなる可能性

    JINSが開発した、装着者の心理状態をセンシングするメガネ「JINS MEME」。開発者によると、その先には大いなるビジネスの可能性があるといいます。

  • Criteoのアジア進出の基盤となったITインフラとは

    リターゲティング広告において世界大手のCriteo(クリテオ)社は、アジアでの市場拡大のために、信頼性の高いNTTコミュニケーションズのIT基盤を導入しました。

  • キャスキッドソンが期限内にシステム更改できた理由

    英国のアパレルブランドCath Kidston(キャスキッドソン)は、日本国内にIT部門を持たずに、日本28カ所の店舗をつなぐPOSシステム基盤の構築に成功しました。なぜそれができたのでしょうか?

  • IoTで車両や運転を管理するクラウドサービスとは

    IoT関連サービスを手掛ける株式会社スマートバリューは、営業車両の位置情報をリアルタイムで表示するサービスを開始。その基盤となっているのは、ある通信サービスでした。

  • IoTで熱中症防止!JALの実証実験に挑んだ現場の声

    日本航空(JAL)では、空港で荷物の搬送や積み下ろし作業を行なう「グランドハンドリング」業務のスタッフに、熱中症対策としてIoTを活用したウェアラブルデバイスの実験を行いました。

  • IoTで社員の安全を守る!JALが挑む取り組みとは

    日本航空(JAL)では、屋外で働く社員の熱中症対策として、着るだけで心拍数など生体情報の連続取得を可能にする素材「hitoe」の実証実験を開始。そのチャレンジの詳細に迫ります。

  • 大林組が目指す、建設現場での安全作業を見守るIoT

    建設現場における安全性の向上を図る大林組は、着用するだけで作業者のバイタルデータがモニタリングできるセンサー「hitoe(ひとえ)」を導入しました。

  • “攻め”のIT活用を推進するためのオルビスの戦略

    化粧品販売のオルビス株式会社では、全国にある108の店舗と本社を結ぶネットワーク基盤の更改を課題としていました。そこで、運用保守をアウトソースへと切り替えます。

  • “タブレット接客”を支える三城の運用保守体制とは

    「パリミキ」「メガネの三城」などメガネ店を全国に展開する株式会社三城では、iPadを各店舗の接客に利用。セキュリティと安定性を高めるため、VPNサービスの導入に踏み切ります。

関連記事

ビッグデータにかかわる記事をお読みいただけます。