Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦

DX推進の理想と現実。
DXを成功に導くリーダーの指南書

DXの潮流、CDOの挑戦

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

三菱商事では、自社のIT基盤を“激しい環境変化に対応できるスピード感とコストパフォーマンス”を備えたものに更改しました。一体、どのような基盤なのでしょうか?

DXの潮流、CDOの挑戦

「2025年の崖」を克服するための支援ツールとは?

そのツールは、経産省の「DX推進指標」。2025年の崖を克服するために企業はそれをどう活用すればよいのか?NTTコミュニケーションズのエバンジェリストが解説します。

DXの潮流、CDOの挑戦

人材業界のディスラプトをリードするパーソルのDX戦略

パーソルホールディングスのCDO友澤大輔氏は、日本でDXが進まない原因は人材にあると指摘します。同社は、多様な総合人材サービスの強みを生かし、DX人材を供給・教育し「はたらく」の変革を目指しています。

DXの潮流、CDOの挑戦

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

ものづくりの現場に欠かせない外観検査。そのプロセスを省力化する“傷に気付く” KIZKIアルゴリズムを開発した、中京大学の輿水大和名誉教授による“製造業DXのリアル”とは?

DXの潮流、CDOの挑戦

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

アマゾンのようなデジタルディスラプターによって「モノでなく体験にお金を払う」時代が到来しています。国内小売業はどう対峙していくべきか、立教大田中教授に聞きます。

DXの潮流、CDOの挑戦

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

デロイト トーマツ グループ

グループ内に専門の翻訳部署を持つデロイト トーマツ グループが、AI翻訳サービスの全社導入に踏み切りました。AI翻訳は同社の業務をどのように変化させたのでしょうか。

DXの潮流、CDOの挑戦

流経大・矢野教授「トラック積載率は40%、物流のIT化は非常に遅れている」

AI、IoTによる物流センター業務の自動化など、物流業にもDXの波は押し寄せています。しかし流通経済大学の矢野裕児教授は「それ以前に解決すべき課題がある」と指摘します。

DXの潮流、CDOの挑戦

「eSIM」がビジネスの現場にもたらす価値とは?NTT comが解説

日本のMVNOで初めて遠隔でプロファイルの切り替えができる「eSIM」を実用化。NTTコミュニケーションズのモバイル通信サービスがグローバルのIoT展開に与えるインパクトとは。

DXの潮流、CDOの挑戦

要点まとめ「2025年の崖」を克服するには?

「2025年の崖」を克服するには、何からはじめるべきか?NTTコミュニケーションズのエバンジェリストが、DXレポートの要点をまとめて解説します。

DXの潮流、CDOの挑戦

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

業界有識者が「DXの現在と未来」を語る新連載。第1回は、製造業でスマートファクトリー(つながる工場)のプラットフォームを立ち上げた、法政大学・西岡教授です。

DXの潮流、CDOの挑戦

5G開始でビジネスはどう変わる?ドコモが語る理想と現実

今年の春、商用サービスが開始されるNTTドコモの「5G」は、世の中をどのように変えるのでしょうか。最新のユースケースを交えながら、ヒントを探ります。

DXの潮流、CDOの挑戦

先端企業のCDOが語る「DXがもたらす脅威と可能性」

デジタルディスラプターにどう対抗するのか。味の素と東京海上のCDO、ストックマークのCEOがそれぞれの立場からデジタル技術の脅威と可能性を語ります。

DXの潮流、CDOの挑戦

有識者が明言「日本企業はRPAを全然使えていません」

アビームコンサルティングの安部慶喜氏は、RPAイベントの講演にて「日本企業はRPAを全然使えていません」と明言しました。なぜ、活用できていないのでしょうか?

DXの潮流、CDOの挑戦

「事業部もデジタル予算を管理すべき」ビジネスを変えるIT投資を、内山悟志氏が提言

「2025年の崖」を乗り越え、デジタル変革でビジネスを変えるために必要なこととは?多数の国内企業でDXのコンサルティングを手掛ける内山悟志氏が解説します。

DXの潮流、CDOの挑戦

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

増え続けるデータはどのように活用すればよいのでしょうか。セブン&アイ、パーソル、横河電機、 Wovn TechnologiesといったDX先進企業のCDOによるデータ活用事例から紐解きます。

DXの潮流、CDOの挑戦

なぜ、NTT Comは「コンタクトセンター・アワード」を連覇できたのか

NTTコミュニケーションズ

「コンタクトセンター・アワード」を連覇したNTT Com。受賞の背景には先端技術の活用もさることながら、現場を主体とした地道ともいえる改善への取り組みがありました。

DXの潮流、CDOの挑戦

2020年は予算をどう使うべき?内山悟志氏が「5つのITトレンド」で解説

企業が2020年に検討すべきIT投資とは?国内企業のIT投資動向を調査するITRエグゼクティブ・アナリスト内山悟志 氏が今年のITトレンド5つを解説します。

DXの潮流、CDOの挑戦

いまさら聞けない「2025年の崖」とは何か?

経産省が警鐘を鳴らす「2025年の崖」とは何か?その対策は?NTTコミュニケーションズのエバンジェリストが、企業に必要なアクションプランを解説します。

DXの潮流、CDOの挑戦

「DXレポート」作成者が教える「2025年の崖」を乗り越えるポイント

「2025年の崖」の警鐘を鳴らす経済産業省の和泉氏が、日本でDXを成功させるためのヒントを解説します。「DXリポート」作成者が教える、DXを推進するためのポイントとは。

DXの潮流、CDOの挑戦

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

NTTコミュニケーションズ

時間も手間もかかる面倒な交通費の精算を、「そもそも精算自体を無くす」という根本的な方法で解消し、業務効率と従業員満足度をアップした企業があるようです。