NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ

人工知能(AI)/ビッグデータ

様々な分野で広がるAI、機械学習、ビッグデータの管理や分析

災害時でも“お待たせゼロ”応答率100%を実現する損保ジャパンのコンタクトセンターとは

いま求められる“顧客接点の強化”第37回

災害時でも“お待たせゼロ”応答率100%を実現する損保ジャパンのコンタクトセンターとは

コンタクトセンターの応答率は、一般的には90%程度が目標とされています。しかし損保ジャパンでは、AIを活用することで「応答率100%」を可能にしようとしています。

20

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

NTT Comでは、営業活動の高度化を目指し、あらゆるデータの活用やセールスイネーブルメントによる「セールスDX」を進めています。それらの具体的な取り組みについて聞きます。

10

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第29回

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」

AIをビジネスに取り入れるためには、どうすれば良いのか?株式会社シナモンの代表取締役社長CEOである平野未来氏によると、AIは精度が100%でなくても使いみちはあるといいます。

10

ドコモに聞く、対話AIはいまどこまで進化しているのか

新しいテクノロジーの波第6回

ドコモに聞く、対話AIはいまどこまで進化しているのか

人間と対話するAIは、いまどのような発展を遂げているのでしょうか。2012年より対話AIサービスを展開している、NTTドコモ 5G・IoTビジネス部の熊田圭吾氏が解説します。

5

人手不足で負担増…コンタクトセンターの問題は「音声認識」で解決する

いま求められる“顧客接点の強化”第35回

人手不足で負担増…コンタクトセンターの問題は「音声認識」で解決する

人材不足が積年の課題となっている、コンタクトセンター業界ですが、NTTネクシアは音声認識サービスを導入し、業務を効率化しています。担当者に導入の経緯や効果を聞きました。

7

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

いま求められる“顧客接点の強化”第34回

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

コンタクトセンターに導入されているチャットボット(AI自動応答)は進化し続け、人間のオペレーターに近い感覚での応対も可能になっています。具体的にどう進化しているのでしょうか。

14

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

いま求められる“顧客接点の強化”第33回

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

顧客接点の重要拠点であり、その位置付けが変わりつつあるコンタクトセンター。コロナ禍の現状や将来について、『月刊コールセンタージャパン』編集長の矢島竜児氏に伺いました。

17

メルカリが目指す「循環型社会」とは、どのような社会なのか?

新しいテクノロジーの波第5回

メルカリが目指す「循環型社会」とは、どのような社会なのか?

2013年のサービス開始以来、急速な成長を遂げているメルカリ。その成長の秘密はどこに あるのか、どんな未来を目指しているのか。代表取締役CEOの山田進太郎氏が解説します。

5

セコムがオープンイノベーションで開発、5GとAIによる公共空間の警備システムとは

新しいテクノロジーの波第4回

セコムがオープンイノベーションで開発、5GとAIによる公共空間の警備システムとは

セコムが開発中の公共空間の警備システムは、開発手法としてオープンイノベーションが活用され、テクノロジーとしては5GとAIが採用されています。どのように生まれたのか、担当者が語ります。

20

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

DXを加速させるITシステムの運用改革第39回

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

テクノロジーの進化に合わせ、データも増加し続けています。ファイルサーバーのコストの問題に困ったら、オブジェクトストレージによる “Wasabi漬け”という解決法があるようです。

9

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

社内の生産性を向上させる「インターナルDX」と、付加価値の高いデジタルサービスを提供する「エクスターナルDX」を両輪で推進する横河電機のDX戦略をデジタル戦略本部長 兼 デジタルエンタープライズ事業本部DXプラットフォームセンター長である舩生氏に聞きました。

28

NTT Comとドコモが連携した「ローカル5G」にはどんなメリットがあるのか

新しいテクノロジーの波第3回

NTT Comとドコモが連携した「ローカル5G」にはどんなメリットがあるのか

製造業を中心に「ローカル5G」の検討が進んでいますが、無線免許取得などがハードルとなっています。NTT Comとドコモによるサービスなら、導入のハードルは低くなりそうです。

52

国内企業のAI活用、リーダー企業とフォロワー企業で格差進む–IDC調査

IT&ビジネス最新ニュース第127回

国内企業のAI活用、リーダー企業とフォロワー企業で格差進む–IDC調査

IDC Japanは3月16日、国内企業におけるAI(人工知能)活用の成熟度を調査した結果を発表した。

1

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

これからの時代に求められるデータ利活用第9回

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

NTT Comのコミュニケーションプラットフォーム「Fesaas」において、スポーツにおけるデータ分析をテーマに、有識者2名が対談するオンラインセミナーが実施されました。

2

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第62回

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか

DXに不可欠なデータ利活用の重要性や企業に求められる取り組みについて、NTT Comのエバンジェリストの林雅之氏とインフォマティカ・ジャパンの小澤泰斗氏が対談。その模様をレポートします。

4