Bizコンパス

人工知能(AI)/ビッグデータ

様々な分野で広がるAI、機械学習、ビッグデータの管理や分析

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第42回

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

With/Afterコロナ時代は、グローバルなデータ流通の概念が急変する可能性があります。欧州が推進するクラウドプロジェクト「GAIA-X」を一例に解説します。

AIをIT運用に活用する「AIOps」で何が得られるか、注目される理由

IT&ビジネス最新ニュース第32回

AIをIT運用に活用する「AIOps」で何が得られるか、注目される理由

最近ではIT運用をAIなどの技術を使って支援する「AIOps」の重要性が高まっている。AIOpsの6つの構成要素を紹介する。

「コロナ禍の2カ月で2年分のデジタル変革も」CDO Summitレポート

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第41回

「コロナ禍の2カ月で2年分のデジタル変革も」CDO Summitレポート

2020年6月2日(火)、「CDO Online Summit Tokyo 2020」にて行われたCDO Club創設者デビッド・マシソン氏と、一橋大学 商学部の神岡太郎教授の講演の模様をレポートします。

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

新型コロナウイルスによる社会やビジネスの変化(ニューノーマル)に対して、AIを活用した解決手法が注目を集めています。AIエバンジェリストが事例を交えて解説します。

「2025年の崖」ではシステムの選び方が成否を分ける

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第4回

「2025年の崖」ではシステムの選び方が成否を分ける

レガシーシステムを刷新し、自社のDXを推進するためには「システムの選び方」が成否を分けます。その秘訣とは?NTTコミュニケーションズのエバンジェリストが解説します。

なぜアパホテルはより良い接客のためにナビダイヤルを採用したのか

いま求められる“顧客接点の強化”第26回

なぜアパホテルはより良い接客のためにナビダイヤルを採用したのか

全国にホテルを展開する「アパホテル」では、大型ホテルのフロントの電話にナビダイヤルを導入。これにより、CS・ES向上や高稼働率の維持に効果が表れているといいます。

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

いま求められる“顧客接点の強化”第25回

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

人手不足やコスト削減、事業への貢献……コンタクトセンターがいま直面するさまざまな課題は、実は現在市販されているサービスを導入すれば、意外と簡単に解決できます。

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第39回

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

ごみ焼却時に発生する蒸気を利用した発電に、ディープラーニングを導入し効率化。クボタとNTTコミュニケーションズが推進する取り組みを紹介します。

昭和・平成の働き方はアンインストールしよう!「働き方改革2.0」のススメ

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第26回

昭和・平成の働き方はアンインストールしよう!「働き方改革2.0」のススメ

働き方改革に取り組んだにも関わらず、行き詰まってしまった場合、より抜本的な改革として、従業員を“信頼”する「働き方改革2.0」に取り組んでみてはいかがでしょうか。

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

人材不足に悩むコンタクトセンターが近頃増えており、ICTによる運営効率化が不可欠となっています。音声認識とAIを組み合わせ「応対時間」を削減した事例を紹介します。

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第36回

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

グローバルで多角的に事業を展開する京セラ。同社はグローバル企業だからこその課題を抱えていました。増え続ける外国語文書の翻訳に対応しきれなくなっていたのです。

なぜ製造現場で「協働ロボット」が導入されているのか?

新しいテクノロジーの波第2回

なぜ製造現場で「協働ロボット」が導入されているのか?

製造現場では、人とロボットが並んで働く「協業ロボット」を導入する企業が増えている。「無人化」がロボットの特徴なのに、なぜ人とともに働く必要があるのだろうか?

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第4回

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

ものづくりの現場に欠かせない外観検査。そのプロセスを省力化する“傷に気付く” KIZKIアルゴリズムを開発した、中京大学の輿水大和名誉教授による“製造業DXのリアル”とは?

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第35回

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

グループ内に専門の翻訳部署を持つデロイト トーマツ グループが、AI翻訳サービスの全社導入に踏み切りました。AI翻訳は同社の業務をどのように変化させたのでしょうか。

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第1回

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

業界有識者が「DXの現在と未来」を語る新連載。第1回は、製造業でスマートファクトリー(つながる工場)のプラットフォームを立ち上げた、法政大学・西岡教授です。