NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

人工知能(AI)/ビッグデータ

様々な分野で広がるAI、機械学習、ビッグデータの管理や分析

エバンジェリストが回答!DXを阻むサイロ化をどう解決すればいいのか

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第10回

エバンジェリストが回答!DXを阻むサイロ化をどう解決すればいいのか

多くの企業でDXの障壁となっている「組織やITシステムのサイロ化」をどう解決すればよいのでしょうか?読者アンケートをもとにNTT Comエバンジェリスト林雅之氏が解説します。

DXは技術だけでは進まない!必要なのは「デジタルガバナンス」

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第13回

DXは技術だけでは進まない!必要なのは「デジタルガバナンス」

DXは技術を導入するだけでは推進できません。デジタルガバナンス、すなわちデジタル技術を活用する仕組み(戦略・組織・人材など)を企業が整備することが必要不可欠です。

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

DXの推進部門を新たに立ち上げ、軌道に乗せるにはどうすればいいのか?NTT Comで「デジタル改革推進部」発足に関わったデータサイエンティストが体験を交えて語ります。

ニューノーマル時代の顧客接点、減らない「電話」チャネルのデジタル化が成功の鍵!

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

ニューノーマル時代の顧客接点、減らない「電話」チャネルのデジタル化が成功の鍵!

「電話」というアナログな業務は、どうすればデジタル化できるのか?ワークフローを用いてバックエンドとシームレスに連携する、ニューノーマル時代のDXソリューションを紹介します。

日本は不安やストレスの相談相手にロボット/AIを求める傾向–オラクル調査

IT&ビジネス最新ニュース第79回

日本は不安やストレスの相談相手にロボット/AIを求める傾向–オラクル調査

日本オラクルは11月4日、コロナ禍の日本における働き方と人工知能(AI)の利用実態に関する調査結果を発表した。調査対象者の61%が、2020年は最もストレスを感じる年と回答しており、87%が不安やストレスについて相談する相手としてロボットやAIを受け入れることが明らかになった。

リユーステックで偽物排除に挑む–コメ兵が開発・導入した「AI真贋」とは

IT&ビジネス最新ニュース第75回

リユーステックで偽物排除に挑む–コメ兵が開発・導入した「AI真贋」とは

中古品の買取/販売事業を行うコメ兵は「AI真贋(しんがん)」を開発し、KOMEHYO名古屋本店で利用している。このAIは、真贋(本物か偽物か)と型番を判定する。開発責任者の山内祐也氏に話を聞いた。

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第11回

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

ニューノーマル時代に備え、企業及び個人はどのようにサイバーセキュリティに備えるべきなのか?サイバーディフェンス研究所上級分析官の名和利男氏が分析する。

超省電力、使い捨て可能なほど安いIoTタグを開発したスタートアップが登場

シリコンバレー通信第32回

超省電力、使い捨て可能なほど安いIoTタグを開発したスタートアップが登場

今回のシリコンバレー通信では、超省電力で安価なIoTタグを開発したスタートアップや、キーワードを入力するだけで“まとめ”を作るスタートアップを紹介します。

不確実性続く2020年、チャンスを生むために–CIOを取り巻く課題

IT&ビジネス最新ニュース第72回

不確実性続く2020年、チャンスを生むために–CIOを取り巻く課題

2020年も不確実な環境が続くが、CIOには守りに入ることなく、積極的に顧客体験や従業員体験の刷新などの取り組みを進めていくことが求められる。

ヴイエムウェアのCEOに聞く、マルチクラウドに対する基本的な考え方

IT&ビジネス最新ニュース第70回

ヴイエムウェアのCEOに聞く、マルチクラウドに対する基本的な考え方

VMware CEOのPat Gelsinger氏が日本メディアのインタビューに応じ、開催中の「VMworld」で発表した取り組みの詳細を語った。

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020年9月10日(木)、東京・日比谷にオープンした製造業DXを体感できるショールーム「スマラボ東京」のオープニングイベントの模様をレポートします。

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

データ活用推進のための手法の一つに「データレイク」があります。データレイクはデータ収集後、分析目的を柔軟に変更できるメリットがある一方でデメリットも存在します。

世界ウェアラブル市場、2020年は好調続き4000万台弱へ–2024年まで2桁成長を維持

IT&ビジネス最新ニュース第64回

世界ウェアラブル市場、2020年は好調続き4000万台弱へ–2024年まで2桁成長を維持

IDCは、世界ウェアラブルデバイス市場に関する調査結果を発表した。2020年の出荷台数は3億9600万台で、前年の3億4590万台から14.5%増えると見込む。

医療や製造業での導入も盛んに、AIはビジネスで価値を生み出す技術に進化している

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第4回

医療や製造業での導入も盛んに、AIはビジネスで価値を生み出す技術に進化している

AIは日々進化し、人の五感を再現したり、分析理由を説明できるようになっています。医療や工場等での導入も増えているAI の動向をNTT Comエバンジェリスト島田氏が解説します。

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

With/Afterコロナで企業はどうデータを活用すべきでしょうか?LINEでの「新型コロナウイルス感染症対策の全国調査」を仕掛けた宮田裕章氏にデータサイエンスの現状と今後を聞きます。