Bizコンパス

リーダーに聞く

ビジネス、組織を牽引する企業の
リーダーにインタビュー

自動で衣類を畳む「IoTタンス」は、時短だけでなく夫婦喧嘩防止に効果あり

自動で衣類を畳む「IoTタンス」は、時短だけでなく夫婦喧嘩防止に効果あり

株式会社ASTINA
代表取締役 儀間 匠 氏

なぜ「衣類を自動で畳むタンス」という独特な製品が生まれたのか。ASTINA創業者であり代表取締役の儀間匠に聞いたところ、彼は“衣類を畳んだその後”を見据えていた。

ロボアドバイザー「THEO」を支える元証券マンの分析力

ロボアドバイザー「THEO」を支える元証券マンの分析力

株式会社お金のデザイン
代表取締役社長CEO 中村 仁 氏

ロボットアドバイザーによる投資サービス「THEO(テオ)」を提供するお金のデザイン。同社社長の中村仁は、なぜ元エリート証券マンの肩書を捨て、同社に転職したのか?

テラスカイは“エンジニアの楽園”を目指す

テラスカイは“エンジニアの楽園”を目指す

株式会社テラスカイ
代表取締役社長 佐藤 秀哉 氏

なぜテラスカイは、クラウドの黎明期から、クラウドサービスの導入支援・開発やシステム連携ソリューションを手がけられたのか。代表取締役社長・佐藤秀哉に話を聞いた。

会社社長が「石」で世界を救うベンチャーに転職した理由

会社社長が「石」で世界を救うベンチャーに転職した理由

株式会社TBM
取締役COO 坂本 孝治 氏

石のベンチャー企業であるTBM社COOの坂本孝治は、会社社長という立場を捨て、同社に転職した。一見すると奇妙に見えるが、彼の人生を紐解くと、必然といえるかもしれない。

ビズリーチを急成長に導いた創業者のメソッドとは

ビズリーチを急成長に導いた創業者のメソッドとは

株式会社ビズリーチ
代表取締役社長 南 壮一郎 氏

管理職やグローバル人材に特化した転職サイト「ビズリーチ」。好調の背景には、創業者である南壮一郎社長が若い頃から実践してきた“成功のためのメソッド”がありそうだ。

「生体認証」の可能性に賭けた元営業マンが描く未来

「生体認証」の可能性に賭けた元営業マンが描く未来

株式会社Liquid Japan
代表取締役 保科秀之 氏

「キャッシュカードも暗証番号もいらないATM」は、なぜ指認証だけで本人が特定できるのか。開発に携わった、株式会社Liquid Japan代表取締役の保科秀之に話を聞いた。

家事代行を“シェアリング”で提供するサービスができるまで

家事代行を“シェアリング”で提供するサービスができるまで

株式会社タスカジ
代表取締役 和田幸子 氏

「タスカジ」は、家事代行をシェアリングエコノミーの形態で提供するサービスである。代表取締役の和田幸子がこのビジネスモデルを考案するまでには、様々な苦労があった。

CASEによる自動車産業の大変革をリードするボッシュ

CASEによる自動車産業の大変革をリードするボッシュ

ボッシュ株式会社
代表取締役社長 クラウス・メーダー 氏

モビリティの電動化、自動化、ネットワーク化で世界をリードするサプライヤーボッシュグループにとって、日本は世界戦略上の重要拠点だと日本法人のメーダー社長は語る。

自律的に活躍できるアンボスな組織が企業力を高める

自律的に活躍できるアンボスな組織が企業力を高める

ノバルティス ファーマ株式会社 
代表取締役社長 綱場 一成 氏

世界最大級のヘルスケア企業・ノバルティス ファーマ日本法人で代表取締役社長を務める綱場一成。彼は上司と部下の垣根を取り払う「UNBOSS」の重要性を提唱している。

サブカル少年が「画像一筋」を貫く会社を興すまで

サブカル少年が「画像一筋」を貫く会社を興すまで

ヴィスコ・テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長 足立 秀之 氏

業務用の画像処理検査装置を開発・販売するヴィスコ・テクノロジーズ社。創業者である代表取締役社長の足立秀之は、もともとはガンダム好きのサブカル少年だった。

バブルを経験した証券マンをFinTechに導いた”数々の失敗”

バブルを経験した証券マンをFinTechに導いた”数々の失敗”

株式会社エー・ソリューションズ
代表取締役社長 荒木 幸男 氏

FinTech支援サービスを提供するエー・ソリューションズ社社長の荒木幸男は、バブル期に証券マンとして活躍した経験を持つ。彼をFinTechへ導いたのは、幾多の失敗だった。

“AI搭載のヘルスケアアプリ”を作った青年社長が狙うもの

“AI搭載のヘルスケアアプリ”を作った青年社長が狙うもの

株式会社FiNC
代表取締役 CEO 溝口 勇児 氏

AI を搭載したアプリの活用で、健康や美容の個別アドバイスをする「FiNC」。27歳で創業した代表取締役社長CEOの溝口勇児が目指すものとは何なのか。

「赤字当然」のバイオベンチャーを成功させた戦略とは

「赤字当然」のバイオベンチャーを成功させた戦略とは

ペプチドリーム株式会社
代表取締役会長 窪田 規一 氏

他にはない「特殊ペプチド」の技術で世界の大手製薬メーカーと取り引きするペプチドリーム株式会社。創業者であり代表取締役会長の窪田規一に話を聞いた。

転職サイト「Green」創始者が思い描く理想の組織とは

転職サイト「Green」創始者が思い描く理想の組織とは

株式会社アトラエ
代表取締役CEO 新居 佳英 氏

採用実績のある企業の約90%がIT・Web関連という求人メディアを運営するアトラエ。代表取締役CEOを務める新居佳英は、自らの“理想の組織”を実現するために起業したという。

急成長「スキルのフリマ」が社会にもたらす価値とは

急成長「スキルのフリマ」が社会にもたらす価値とは

株式会社ココナラ
代表取締役 南章行 氏

自分の得意なことを売買できるスキルのフリーマーケット「ココナラ」。80万人以上が利用するこのサービスはいかに生まれたのか。南社長の人生、キャリアとともに探る。

顧客志向とは正反対の顧客主導の経営へ

顧客志向とは正反対の顧客主導の経営へ

アクサ損害保険株式会社
代表取締役社長兼CEO ハンス ブランケン 氏

世界最大級の保険ブランドAXAグループの日本における損害保険を率いるハンス・ブランケン氏は、デジタル化によりニーズが多様化する市場を見据え、顧客主導型の経営への変革を急ぐ。

「アンダーアーマー」の社長がスポーツを通じて目指す社会

「アンダーアーマー」の社長がスポーツを通じて目指す社会

株式会社ドーム
取締役会長 代表取締役CEO 安田秀一 氏

人気のスポーツブランド「アンダーアーマー」の日本総代理店である株式会社ドーム。創業者の安田秀一は、自らがアンダーアーマー社の製品に衝撃を受けた一人だった。

社長自ら「社長のイス争奪戦」を仕掛ける狙いとは

社長自ら「社長のイス争奪戦」を仕掛ける狙いとは

株式会社テンポスバスターズ
代表取締役社長 森下 篤史 氏

厨房機器のリサイクル業を営むテンポスバスターズは、「社長のイス争奪戦」という一風変わった制度を採用している。現社長の森下篤史に、その狙いを聞いた。

急成長の旅行会社を支える“2つのエンジン”

急成長の旅行会社を支える“2つのエンジン”

株式会社エボラブルアジア
代表取締役社長 吉村 英毅 氏

エボラブルアジアは設立からわずか10年ほどで東証一部に上場した旅行事業者である。なぜ、同社はそこまで急成長を遂げられたのだろうか。その秘密を、代表取締役社長を務める吉村英毅に聞いた。

「サプライズ葬儀」が業界にもたらした革命とは

「サプライズ葬儀」が業界にもたらした革命とは

株式会社アーバンフューネスコーポレーション
代表取締役社長兼CEO 中川 貴之 氏

しめやかに執り行うのが当たり前の葬儀に、アーバンフューネスは「サプライズ」を取り入れた。その狙いと以降の葬儀スタイルの変化について、リーダーの中川貴之に聞いた。

閲覧ランキング

絞り込み

業種から探す
設立年から探す
従業員数から探す※記事掲載時
フリーワード検索

検索

閲覧ランキング